最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1663号
10月18日・25日号
10月4日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

麒麟・川島明、あまりに世間知らずでウブだった若手時代「荷物を出してから引っ越し先探し」

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.08.07 20:00FLASH編集部

麒麟・川島明、あまりに世間知らずでウブだった若手時代「荷物を出してから引っ越し先探し」

 

 麒麟川島明が8月5日放送の『A-Studio+』(TBS系)で、若手時代の意外な一面を語った。

 

 川島は養成所時代、講師から「お客さんの顔を見てから声を出しなさい」と指導されるほど、声が小さかった。

 

 そこから、漫才冒頭の「麒麟です」と低い声でささやく芸が生まれたという。

 

 また、若手時代はあまりに世間知らずすぎて、引っ越しをする際に、後輩とともに荷物をまとめて外に出してから、次の部屋を探そうとしたという。

 

 

 仕方なく、一度、出したものをまたへやに戻してから、引っ越し先を探すことに。

 

 川島の話にSNSではさまざまな意見が書き込まれた。

 

《引越しにそっちのパターンはないでしょ》

 

《若かりし川島さん、割と世間知らずだったんだね》

 

《川島さんのトークが本当に好きなんだー。MCやってるところも好きだけどそれと同じくらいゲストでトークしてるところも好きなんだ》

 

「川島さんは同番組で『アルバイト面接事件』についても語っていました。

 

 地元の京都にいたころは時給が750円だったものの、大阪のステーキハウスに面接に行くと時給1000円を提示され、店までの移動手段として自転車までプレゼントする話をされたそう。

 

 ウブだった川島さんは『コワ~』と驚き、同期のソラシド・本坊元児さんに『狙われている。かくまってくれ』と頼むも『普通の面接や』とツッコまれたそうです」(芸能ライター)

 

 そんなウブだった男が、いまや名MCと呼ばれるほどに!

 


( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入