最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「次元大介」だけじゃない! ロバート・デニーロほか小林清志さんが魂吹き込んだ「しぶカッコいい」ハリウッド俳優たち

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.08.09 19:40FLASH編集部

「次元大介」だけじゃない! ロバート・デニーロほか小林清志さんが魂吹き込んだ「しぶカッコいい」ハリウッド俳優たち

亡くなった小林清志さん。「妖怪人間ベム」の声も長く演じた(写真・日刊スポーツ/アフロ)

 

 8月8日、声優俳優小林清志さんが7月30日に、肺炎のため亡くなっていたと、所属事務所が発表した。89歳だった。

 

 1971年に最初のシリーズがスタートしたアニメルパン三世』シリーズでは、ルパンの相棒・次元大介役を担当。ほかのレギュラー陣が亡くなったり、引退したりしていく中で、2021年までの50年間、次元の声を務めた。

 

 

「低いローバリトンの“しぶカッコいい”声が、孤独なガンマンという次元のキャラクターにぴったりとマッチし、文字どおりのハマり役でした。本人も、ほかのキャラの担当声優が若返る中、自分が『ルパンイズム』を伝えていく、という気持ちが強く、最後まで次元役にはこだわっていました。勇退時にはファンと後任に、思い入れを語ったメッセージを発表したほどです」(サブカルライター)

 

 どうしても次元の話に偏りがちな小林さんだが、テレビの創成期から活動をしており、かつて「外画」と呼ばれた洋画の世界でも、多くの俳優の吹き替えを担当してきた。その中には、今も語り継がれる名作が多い。

 

「有名なのは、『荒野の七人』のジェームズ・コバーン。黒澤明の『七人の侍』を、開拓時代のメキシコに舞台を移してリメイクされた作品ですが、コバーンは寡黙で孤高のナイフ投げの達人、ブリットを演じました。緩急を交え、抑えるときは抑え、荒ぶるときは荒ぶる様子を声で表現したのが小林さんです。最初の放送は1974年とされています。

 

 さらに、ロバート・デ・ニーロの声でも名演技が光りました。『アンタッチャブル』でん、大マフィアのボスであるアル・カポネの傲岸不遜なキャラ、『バックドラフト』での放火犯罪調査官の無愛想なキャラなどが、強く印象に残っています」(同前)

 

 アニメや映画だけでなく、ニュース番組やバラエティのナレーションも数多く担当した。SNS上にも往年のファンたちから、小林さんを悼む声が多く寄せられている。

 

《小林清志さん アニメや吹き替えの創成期から長きに渡っての声優活動、お疲れ様でした!》

 

《小林清志さんの吹替で印象に残っているのは『バックドラフト』のロバート・デ・ニーロ。デニーロのニヒルな表情に清志さんの声がベストマッチだった。》

 

《お茶の間洋画劇場に数々の名吹き替えを残した人》

 

《小林清志さんといえば我々ゴジラファンにとってはvsシリーズ予告のナレーション。予告だけでワクワクさせて貰いました。合掌。》

 

『ルパン』シリーズを引きつぐキャストたちには、小林さんが見せてくれた大きすぎる背中を忍びつつ、歴史を受け継いでいってほしい。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入