最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

吉岡里帆「20歳の初キス」から「深夜の豊満ボディ熱演」まで…女優開花10年の裏にあった “見違えるほどの変化”

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.08.24 06:00FLASH編集部

吉岡里帆「20歳の初キス」から「深夜の豊満ボディ熱演」まで…女優開花10年の裏にあった “見違えるほどの変化”

 

 日本発売43年めで、初のフルリニューアルが発表されたアルコール飲料『JINRO』。販売元の眞露株式会社は、新イメージキャラクターに女優吉岡里帆を起用した。

 

 7月には出演映画『島守の塔』も公開され、映画と舞台の宣伝のため、バラエティ番組に多数出演。ビデオリサーチが発表した2022年上半期「タレント別CM出稿量」ではTOP10入り。吉岡はいま、超多忙な女優なのだ。

 

 

 本誌は今夏、そんな吉岡の撮影現場を目撃。配信大手のドラマ作品で吉岡が身にまとったのは、Tシャツにサンダルというラフな衣装だ。

 

「彼女の役柄は、地方で暮らす主人公を支える奥さんです。このドラマの原作は、ある有名女優もファンと公言した漫画。少し気になるのは、吉岡さんのキャラクターが、漫画内では “巨乳妻” という設定だったこと(笑)。原作ではたびたび描写があったのですが、実写化でどのように表現されるのでしょう」(芸能関係者)

 

 ほかの出演者が宿泊して地方ロケに臨むなか、多忙な吉岡は日帰りスケジュール。そのためか、昼過ぎに始まった撮影は深夜0時ごろまで続き、終了とともに一人別行動し、都心方面へ――。

 

 顔からは疲れも窺えたが、デビュー10年めにしてこの奮闘ぶり……。本誌は2018年、吉岡の “デビュー当時” についても取材している。

 

 18歳のとき、偶然観た小劇場での演劇に感動し、学生演劇の世界に飛び込んだという吉岡。

 

「2013年の9月、京都大学西部講堂で上演されたお芝居で共演しました。吉岡さんはヒロインの姫役で、20歳でしたね」

 

 そう語っていたのは、京都を拠点とする演出家・岡本昌也氏。この舞台で、吉岡は岡本氏との初のキスシーンに挑戦した。

 

「彼女と僕は恋に落ちる役どころなのですが、キスシーンになると、お互い照れて、とにかく演技がぎこちない。吉岡さんも『ごめんなさい、ちょっと苦手で……』と腰が引けてしまったんです」

 

 この舞台の演出家は途方に暮れて、「2人でしゃべってこい」と、彼らを稽古場から出したという。

 

「仕方なく外に出て、他愛もない世間話をしました。すると、少しずつ自分のことを話してくれるようになって。将来のことを語り合っていると、『女優としてもっと羽ばたきたい』と強い決意を明かしてくれました。

 

 その甲斐あってか、練習ではあれほどできなかったラブシーンを、本番では情熱的に演じることができたんです。カーテンコールで、ものすごい勢いで僕の腕の中に飛び込んできたときには、驚きましたね」(岡本氏)

 

 インディペンデント映画『星を継ぐ者』の監督で、共演もした末長敬司氏は、吉岡についてこう語っている。

 

「2013年~2014年の間、主演として映画撮影に参加してもらいました。制作前に話してみると、彼女も悩みを抱えていて、『チャンスが回ってこないまま、ここに埋もれるのはイヤ』という言葉を漏らしていましたね。彼女は感受性が強く、思ったことは口や態度に出しちゃうタイプ。

 

 たとえば泊まり撮影の予定が、急に『明日、東京でオーディションがあるから帰らないと』と言いだして、口論になるなんてことも。当時は自己主張が先立つことが多く、自分でもコントロールできていない印象でした。

 

 ですが、『このキャラだと、こんなふうに言わない』など積極的にアイデアを出してくれ、それが制作の意図にかなっていて、才能を感じましたね」

 

 ぎこちないキスシーンから始まった吉岡の女優人生。この10年で、見違えるほどの変化があったようだ。


( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入