エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

香川照之「誠に申し訳ございませんでした」ドラマ『六本木クラス』での謝罪が現実とまさかの“シンクロ”

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.08.25 22:35FLASH編集部

香川照之「誠に申し訳ございませんでした」ドラマ『六本木クラス』での謝罪が現実とまさかの“シンクロ”

 

 8月24日、「デイリー新潮」が報じた、俳優の香川照之が起こした“性加害”事件は、まだまだ収束する気配を見せない。

 

 記事によると、事件は2019年7月、銀座のクラブで発生した。香川はホステスの女性に対して胸を触る、キスをするなどの性加害をおこない、被害女性はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ったという。

 

 翌25日には、所属事務所がコメントを発表し「本人の至らなさで当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実です」と、性加害の事実を認めた。

 

 

 香川の動向にますます注目が集まるなか、25日の夜に発生した思わぬ“シンクロ”が、話題を呼んでいる。

 

 この日は、香川が出演する『六本木クラス』(テレビ朝日系)の放送日。香川は、主人公・宮部新(竹内涼真)を追い詰める“悪役”である長屋茂を演じている。

 

 長屋の息子は、主人公の父親を相手に交通事故を起こし、救命措置をせずに逃亡。一方、日本最大の外食企業の社長である長屋は、息子を守るために事件をもみ消した。

 

 25日の放送では、ついにこの“もみ消し”が発覚。謝罪会見を開いた長屋は、大勢の記者に囲まれるなか「誠に申し訳ありませんでした」と、深々と謝罪の言葉を述べるのだった――。

 

 一方、香川本人は、翌日に自身がMCを務める『THE TIME,』(TBS系)への出演が予定されており、そこで今回の“性加害”について、謝罪すると見られている。そこでネット上では、

 

《この香川照之の謝罪会見は明日への伏線》

 

《六本木クラスのシーンで謝罪があっていい演技だなぁって思ってたら2日連続頭下げるシーン見るの草》

 

《六本木クラス、今日の長屋会長の悪どさと香川照之さんのスキャンダルなリアルさが重なって逆に凄みがあった》

 

《香川照之早めに六本木クラスで謝罪してたよ》

 

など、香川のひと足早い劇中での謝罪会見を、イジる投稿が続出した。

 

「『サンケイスポーツ』によると、『六本木クラス』のテレビ朝日も『THE TIME,』のTBSも、香川さんの出演を急遽、取りやめるなどの措置は取らない予定です。しかし、今回の一件で本人のイメージがダウンしたのは間違いありません。それこそ、明日の放送でどこまで誠実に謝ることができるのか、注目したいですね」(芸能記者)

 

 その際は、芝居っ気なしでお願いしたいものだ。

( SmartFLASH )

もっと見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事