最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

香川照之 日曜劇場降板で“悪役俳優”争奪戦が勃発!「ラスボス四天王」に割って入る“新顔”3人の名前

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.09.13 15:55FLASH編集部

香川照之 日曜劇場降板で“悪役俳優”争奪戦が勃発!「ラスボス四天王」に割って入る“新顔”3人の名前

 

 香川照之が「性加害」報道を受け、出演予定だった10月期の日曜劇場アトムの童(こ)』(TBS系)を降板することが決定した。

 

 山﨑賢人主演の同作は、若き天才ゲーム開発者が大手企業に立ち向かい、成長していく物語。香川の出演は未発表だったが、山﨑に立ちはだかる“ラスボス”役だったという。

 

「すでに、香川と山﨑の共演シーンの撮影も始まっていましたが、撮り直しとなるようです。代役について、TBSは『調整中』としていますが、香川ほどの“巨大な壁”感を出せる役者が見つかるのかどうか……」(芸能ライター)

 

 

 香川のスケジュールは、おそらくは2年ほど先まで埋まっていたと思わるが、一連の騒動で白紙に。今後は、その枠を巡ってテレビ界で“悪役俳優”の争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。

 

「ドラマや映画界において、『ラスボス四天王』と言われているのが、香川、小日向文世柄本明笑福亭鶴瓶。小日向は香川のような悪役イメージはないものの『ラスボスを倒したと思ったら、後から拍手して出てきそうなタイプ』といわれています。善人役も多いですが、放送中の『競争の番人』(フジテレビ系)で見せる“ブラック小日向”は、登場するだけで手強そうな雰囲気を醸し出しています。

 

 柄本も『半沢直樹』(TBS系)で見せた顔芸は、香川にも引けをとりません。半沢直樹に土下座を要求したシーンでの『ささささ、ほら、やりなさい』と穏やかな口調からの『こわっぱ! はよやれえ!』の鬼の形相は、まさに怪演でした。鶴瓶も『99.9-刑事専門弁護士-』のように、自分の手は汚さず部下を操って嫌がらせするタイプの悪役をやらせたら天下一品です」(芸能ライター)

 

 この四天王の一角に割って入りそうな新顔といえば、『半沢直樹』での「詫びろ詫びろ詫びろ!」で強烈なインパクトを残した市川猿之助、あるいはトリッキーで屈折した役を得意とする高嶋政伸、『桜の塔』(テレビ朝日系)でスタイリッシュなラスボスを演じた椎名桔平あたりだろうか。

 

 いずれにせよ、「ポスト香川」の枠を狙うなら、善人役をしばらく封印するくらいの覚悟が必要となりそうだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入