最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1670号
12月20日号
12月6日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月6日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

キンコン西野、巨大吹き抜け “豪邸” が完成…「美術館」「アパート」建設は後回し【スクープその後】

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.09.27 06:00FLASH編集部

キンコン西野、巨大吹き抜け “豪邸” が完成…「美術館」「アパート」建設は後回し【スクープその後】

2022年3月に直撃したときには、「延期ではない」と語っていた

 

 いよいよ秋本番!今もさまざまなニュースが世間を騒がせ続けている。そんななか、多くのスクープを報じてきた本誌記事のなかから、特に反響の大きかったニュースのその後を大追跡!

 

 大阪府との県境に位置する兵庫県川西市。キングコング西野亮廣が、「えんとつ町のプペル美術館」を造るために買い上げた土地は、まだ更地のままだった――。

 

 

 オンラインサロンや、自身がプロデュースする絵本『えんとつ町のプペル』に関連するビジネスで大きく稼いだ、芸人YouTuber・西野。自身の故郷である川西市に、2022年4月のオープンを目指して「プペル美術館」を建設するとし、2018年から2019年にかけて、355坪にも及ぶ土地を買い上げた。

 

 その費用の一部6000万円はクラウドファンディングで集められたが、計画は変更となった。本誌が3月中旬に西野を直撃した際は、以下のように答えていた。

 

――美術館の計画は白紙になったのでしょうか?

 

「いや、いや、造る順番を変えたんです。延期とかではないんですけど、あの場所には先に『えんとつ町のアパート』を造るんです。あの場所は道が狭いので、美術館は市内の少し離れた別の場所に建てます」

 

 そして、西野が運営する事業会社は、「(クラウドファンディングに関しては)支援者の方に対して状況をご説明・謝罪し、希望者の方への返金対応も実施済みです」と回答した。

 

 それから半年たった9月下旬、本誌記者は「プペル美術館」ならぬ「えんとつ町のアパート」建設予定地を再び訪れた。そこは変わらず広々とした空き地だったが、なぜか大きなテントが3棟立ち並び、作業員らしき人たちが出入りしている。

 

 そのうちの1人に、話を聞いた。

 

――「えんとつ町のアパート」を建設している?

 

「いえ、それはまだですね。建設がいつになるのかも知りません」

 

――3棟のテントは以前ありませんでしたが、何のためのものですか?

 

「じつは今、西野さんの自宅を建設していて、私はそのスタッフです。テントは、建設に必要な資材や機材を置くためのものです」

 

 西野は、アパートの建設予定地にほど近い場所に、自身の新居を建てているという。別の関係者にも話を聞いた。

 

「市内のどこに美術館を建てるのか、アパート建設がいつ始まるのかについては聞いていません。自宅については、もう完成間近ですよ。2月におこなわれた上棟式には西野さんも立ち会っており、3月には工事が始まっていましたから」

 

 9月24日、西野はインスタグラムを更新した。

 

《変な家が完成したよ。遊びに来てね。#見上げる家》

 

 本誌が現地を訪れたのは、完成の数日前。「見上げる家」と名づけられた自宅は3階建てで、まだ作業員が出入りしていたことになる。

 

 インスタでは、3階まで吹き抜けで、はしごやらせん階段が張りめぐらされた独特のインテリアが紹介されているが、外観も巨大な煙突ふうの造形物が目を引く、かなりユニークな印象だ。『プペル』の世界観を意識してか、わざとうっすら汚れをつけているのも見て取れる。

 

 本誌が運営会社に「プペル美術館」と「えんとつ町のアパート」の建設の進捗状況を問い合わせたところ、「前回、お伝えしたとおりでございます」と、3月から進展がないことを明らかにした。

 

 アパートと美術館を後回しにして、豪華な自宅の建設を優先させた西野。返金を求めていない大勢の出資者たちは、このことをどう思うのだろう。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入