最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

グループか個人か…キンプリ分裂の背景にあるジャニタレの深刻なジレンマ「ツアーがあるとドラマに出られない」

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.11.06 16:25FLASH編集部

グループか個人か…キンプリ分裂の背景にあるジャニタレの深刻なジレンマ「ツアーがあるとドラマに出られない」

2019年の『NHK紅白歌合戦』のリハーサルに臨んでいたKing&Princeの5人。左から髙橋海人、岸優太、平野紫耀、永瀬廉、神宮寺勇太(写真・田中昭男)

 

 11月4日、ジャニーズ事務所は「King&Prince(キンプリ)」メンバーの平野紫耀(25)、岸優太(27)、神宮寺勇太(25)の3人の退所を発表した。

 

 3人は2023年5月22日をもって、グループを脱退する。平野と神宮寺は脱退と同時にジャニーズ事務所を退所し、岸も2023年秋に退所する。

 

 残る髙橋海人(23)、永瀬廉(23)はジャニーズに残り、「King&Prince」として活動を続ける。

 

 

 ジャニーズ事務所の公式サイトでは、《海外での活動をはじめとして、それぞれに目指す方向が異なってきていることも、わかってまいりました。議論を深める中で、お互いの人生を尊重するためにも、2023年5月22日をもって、5人での活動は終了をさせて頂く、という苦渋の結論に至りました》と綴られている。

 

 海外進出という目標をめぐり、メンバー間で思いが割れたキンプリ。背景には、近年のアイドルグループとしての難しさがあるという。芸能関係者がこう語る。

 

SMAPの登場以降、ジャニーズタレントの活動の場はどんどん広がっていきました。アイドルグループとしての活動だけでなく、個人として新たな挑戦をする人も多い。俳優業、バラエティ番組、人によってはMC進出……。

 

 露出が増えることで認知度も上がり、グループとしてもさらに人気になっていく。そうしたいい循環を生んでいました」

 

 しかし、こうしたマルチタレント路線は “問題” を抱えているという。

 

「以前、あるジャニーズタレントさんが連ドラ出演した際、こんなことを漏らしていました。『僕個人としてはもっとドラマをやりたいんですけど、グループとしての活動もありますからね。ツアーの間は、そのクールのドラマ出演が制限されてしまうので悩んでいるんです』と。

 

 もちろん、撮影を前倒しにしておこなうこともありますが、それでもやはり一定期間は撮影に割くことになる。そうした都合が1人ならまだしも、メンバーそれぞれが多方面で活躍し始めると、グループ全体のスケジュール調整もどんどん難しくなっていきます。

 

 個人としての活動を優先すればするほど、グループとしての活動が難しくなってくる。逆にグループとしての活動を優先すればするほど、個人としての活動が難しくなってくるということです。そうした根深いジレンマがあるのです」

 

“海外進出” を本気で目指すとき、グループとしての完成度を上げていくことは必須だ。だが、個人の活動が多忙になればなるほど、そのための時間がなくなっていく。それが今回の分裂につながったとすれば、 悲劇としか言いようがない。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入