最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

乃木坂46・齋藤飛鳥、卒業曲の歌詞に散りばめられた「思い出ワード」がエモすぎる!

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.11.11 18:39FLASH編集部

乃木坂46・齋藤飛鳥、卒業曲の歌詞に散りばめられた「思い出ワード」がエモすぎる!

 

 乃木坂46齋藤飛鳥が、年内でグループを卒業することを11月4日に発表した。翌5日には、YouTubeチャンネル『乃木坂配信中』の生配信で、12月7日発売の31枚目シングル『ここにはないもの』を初披露。同曲で齋藤は5回目のセンターを務める。

 

「作曲は齋藤のセンター曲『ジコチューで行こう!』を手がけたナスカ氏。美しいメロディーが印象的で、振付も優雅。ネット上でも『アンチの声がまったく見つからなくてビビる』といった声が飛び交っています」(芸能ライター)

 

 

 曲や振付もさることながら、「エモい」と話題なのが歌詞だ。前出の芸能ライターがこう続ける。

 

「初見では気づかなかったのですが、歌詞を見返してみると、いままでの思い出深い曲からいろいろ引用されていて、メンバーとの絆や、在籍した11年の足跡を振り返るような内容となっているのです。

 

 たとえば、『サヨナラ』は齋藤が慕っていた同期のお姉さんメンバー橋本奈々未の卒業曲、『カーテン』『太陽』は初期にグループを牽引した生駒里奈のセンター曲をそれぞれ彷彿とさせます。

 

 また、『風』から連想されるのは3期生曲『3番目の風』で、後輩との関係性ができたことを表しているのでしょう。

 

 とりわけ、齋藤を慕っていた3期生唯一の卒業メンバー・大園桃子の顔がよぎる人も多いのでは。『裸足』はもちろん自身の初センター曲を指し、『ごめんね』は遠藤さくらセンターの『ごめんねFingers crossed』で4期生とのつながりを感じさせます。

 

 そのほか、白石麻衣や西野七瀬らの “レジェンド” を想起させる関連ワードも並んでおり、まさしく『神歌詞』と呼んでもいいのではないでしょうか」

 

 突然の卒業発表を、いまだ信じられない思いでいるファンも多いだろうが、彼女が最高の楽曲で送り出されることは素直に嬉しいだろう。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入