最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『終着駅』『トラベルミステリー』テレ朝2大人気シリーズが終了 専門家が分析する「ドラマの短時間化」

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.11.26 15:38FLASH編集部

『終着駅』『トラベルミステリー』テレ朝2大人気シリーズが終了 専門家が分析する「ドラマの短時間化」

高橋英樹は20年以上にわたり十津川警部を演じてきた

 

 人気の2時間ドラマ『終着駅シリーズ』と『西村京太郎トラベルミステリー』が、ついに終幕のときを迎えることになった。最終作となる『終着駅シリーズ・ファイナル 十月のチューリップ』が12月22日に、『西村京太郎トラベルミステリー・ファイナル 十津川警部のレクイエム』は12月29日に、それぞれテレビ朝日系で放送される。

 

 森村誠一氏原作の『終着駅』は、1990年に放送開始。1996年から主役の牛尾刑事を片岡鶴太郎が演じ、ファイナル作品は第38作となる。

 

 

 西村京太郎氏原作の『トラベルミステリー』は、1979年スタート。主人公・十津川警部役を三橋達也から2000年に高橋英樹が引き継いだ。ファイナルは第73作。

 

 2時間ドラマをこよなく愛するコラムニストのペリー荻野さんに、2作品が終了することについて話を聞いた。

 

「『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日系)の代表的なドラマであるこの2作品には、長年、楽しませてもらいました。ファンとしては、とても寂しい気持ちです。

 

 ただ、テレビ朝日がこうして『ファイナル』と銘打ち、区切りをつけてくれたことはよかった。いつのまにかシリーズが制作されなくなって、終わっていく。そういう作品は多いんです。テレビ朝日の、両作品に対するリスペクトの表れだと思っています。

 

 残念なことに、2時間ドラマは地上波のテレビから姿を消しつつあります。『土曜ワイド劇場』は2016年に終了、日本テレビ系の『火曜サスペンス劇場』も2005年に放送を終了しています。じつは現在、地上波で2時間ドラマのレギュラー枠はないんです。

 

 テレビドラマ全体の傾向として、「短時間化」が進んでいるんですね。2時間どころか、1時間でも長いと。TBSの深夜0時40分からの『よるおびドラマ』(月~木)、NHKの『夜ドラ』(夜10時45分~、月~木)は、ともに15分のドラマです。

 

 若い人は好きな時間に配信や録画で観る人が多く、しかも、ドラマ以外にもスマホでSNSをやったりと、とにかく忙しい。2時間のドラマが入り込むスキはなかなかない。

 

 加えて、2時間ドラマで扱うサスペンスの“謎解き”が、現代には合わなくなっていることもあると思います。たとえば『トラベルミステリー』の見せ場は、時刻表を使ったトリックですが、防犯カメラがこれだけ普及している時代、やりにくくなっているのでは。現在の主流である科学捜査と、『終着駅』のような人間ドラマのマッチングというのも、なかなか難しい面はあるでしょう。

 

 おそらく、2時間ドラマのコアなファンというのは、高齢化が進んでいるでしょうし、もはや地上波テレビのメインのターゲットではないのでしょう。寂しいことですが、今回の2作品の終了というのは、そう宣言されているような気もします」

 

『トラベルミステリー』のファイナル作品では、十津川警部がシリーズで初めて銃を撃つシーンがあるという。最後に大きな見せ場が用意されているようだ。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入