最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1514号
5月28日号
5月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第21弾】4月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「綾野剛」中学の卒業文集に「地獄を愛する覚悟があるか?」エンタメ 2017.06.26

綾野剛_1

 

 映画にドラマにCMに、いま時代のトップを駆け抜けるのが、俳優・綾野剛(35)だ。主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)では、心優しい「怪物」を好演した。

 

 どんな役でもストイックに演じ切る「カメレオン俳優」は、清流・長良川を望む岐阜市内の田舎町で育った。

 

「剛くんは一人っ子。お父さんは商売をされていて、お母さんは飲食店をやられていました。小さいころは、小柄で丸刈りの本当にかわいらしい子でしたよ」(地元の住民)

 

 JR岐阜駅から車で20分。緑に囲まれたこの地こそ人気俳優のルーツだ。
 共働きで忙しい両親は、夜遅くまでやっている街の保育所に剛を預けた。その近くにある理髪店が行きつけだった。

 

「小さいころはよく来てくれて、駅伝の話を亡くなった主人としていたのを覚えています。テレビに出るようになって『綾野剛ってあの剛くん!?』と主人が驚いていました。いつか、『剛くん、覚えてる?』って聞きたいですね」(店主)

 

 小学生になると、放課後は友達の家や近所の家で過ごすようになった剛。心の中はどこか孤独だった。

 

「うちの子が剛くんに懐いていて、剛くんもかわいがってくれて。剛くんが『僕も弟がほしい』と言っていたことがありました。一人っ子でちょっと寂しかったのかな」(別の近所の住民)

 

 だが、孤独はやがて武器になる。中学で本格的に陸上競技を始めると、地元の誰もが知るスターになった。

 

「長距離の選手だったので、一人でストイックに走っている姿が印象的。小学校では遅いほうでしたが、中学では誰もかなわなくなりました」

 

 小・中学校時代の同級生が語るように、800メートル走では県大会で優勝する。

 

「背も伸びて、髪も伸ばして、目立ちたいと思うようになったのもこのころです。生徒会役員や運動会の応援団などをしていましたし、モデルになりたいと言うようになりました。でも彼女はできなかった。当時、恋愛面はまったくダメでした(笑)」(前出・同級生)

 

 中学の卒業文集に寄せたページは鮮烈だ。
「地獄を愛する覚悟があるか?」
 ほかの生徒が当たり障りのない作文を書くなか、ひときわ目を引くタイトルとレイアウト。じつはこれ、ナイキのCMで使われたフレーズ。中長距離ランナーだった剛に響いた。

 

 高校では800メートル走で県大会準優勝。箱根を夢見た時期もあったが、高校卒業とともに上京。芸能界入りする。

 

 映画、ドラマ、舞台とキャリアを積むが、全国区になったのは2012年、NHKの連続テレビ小説『カーネーション』で主人公の想い人役を熱演した30歳ごろ。一度も立ち止まらず、ストイックに走ってきた結果だった。 

 

 5月下旬、本誌は神奈川県内でおこなわれた『フランケン~』の撮影現場を目撃。ドラマは最終回を迎えるが、早くも次の連ドラ出演が決まっている。

 

「一昨年に放送された主演ドラマ『コウノドリ』(TBS系)の続編が放送される。産婦人科医療をリアルに描いた同作は、厚生労働省とタイアップした本格作品。医療関係者の間で評判がよく、続編が待たれていた」(芸能プロ関係者)

 

 地獄を愛した男はトップランナーとして走っていく。
(週刊FLASH 2017年6月13日号)

【関連記事】

・会見でわかった「ブルゾンちえみ」飛ぶ鳥を落とす勢いの理由

・石橋杏奈にKポップを強制された「鈴木亮平」は植物目線で

・SMAP独立組3人は「役者の道で生きていける」とドラマ評論家

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入