最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1683号
4月11日合併号
3月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

3月28日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ドラマ初主演の丸山礼、“憑依” したかのような演技はモノマネの人間観察にあった

エンタメ・アイドル 投稿日:2023.02.06 11:00FLASH編集部

ドラマ初主演の丸山礼、“憑依” したかのような演技はモノマネの人間観察にあった

写真はAC

 

 1月9日から、毎週月~木曜日に放送されているドラマ『ワタシってサバサバしてるから』(NHK)で、お笑い芸人の丸山礼さんが初主演しています。

 

 同ドラマはネットコミックが原作で、主人公の網浜奈美はデリカシーがなく、同僚からも煙たがられている存在。自身のことを何かにつけて「サバサバしている」と自称するも、その意味を完全に履き違えているキャラクターです。

 

 

 その『自称サバサバ女』を演じているのが丸山さん。丸山さんと言えばロバート秋山竜次さんのモノマネでおなじみです。声はもちろん、表情から動きまで、まるで秋山さんが憑依したかのように見えます。

 

 今回のドラマも、演じているというより、主人公の網浜奈美が丸山さんに憑依しているようで、劇中でもアドリブであろうセリフがたくさん見受けられました。

 

 筆者は以前、丸山さんにモノマネについてお話をお聞きしています。ロバート・秋山さんのモノマネを始めたのは、お笑い養成所『ワタナベエンターテイメントカレッジ』に入学する前の高校時代だったと言います。

 

「養成所に合格したのが秋で、春の入学までの半年間、自分で撮ったネタを養成所に送ってたんですよ。その頃、友達に『丸ちゃんて笑った顔がロバートの秋山にそっくりだよね』って言われて……。

 

 最初に言われたときは『え!? 私、女だし』ってちょっと困惑したんですよ(笑)。でも、モノマネの一個の武器になるかなと思って、秋山さんのモノマネ動画を事務所に送ったんです。そしたら『最高! このモノマネが見つかってよかったね!』ってめっちゃ評判がよくて」

 

 丸山さんはロバート・秋山さんのモノマネで、『ワタナベお笑いNo.1決定戦 2016』に出場したことをきっかけに、いくつかのメディアに出演します。そこから養成所在学中に『PON!』(日本テレビ)のレギュラーが決まり、異例の速さで “出世” していったのです。

 

 丸山さんは、他の女性芸人のネタも参考にしたそうです。

 

「私はコントで憑依系のモノマネをやりたいと思っていたので、横澤夏子さんに憧れていました。養成所時代は柳原可奈子さんのネタを参考にしたり。

 

 友近さんがモノマネをフラれたときにポンと出るフレーズがすごいと思っていたので、自分でも探しました。それが、秋山さんのモノマネをするときに私が言う『接しやすい~』というフレーズです」

 

 丸山さんは、有名人だけでなく一般人のモノマネもやります。

 

「意識してないんですが、ふだんから面白い人が目についちゃうんです。街中ですれ違ったときとか居酒屋とかで、隣のお客さんを見ちゃいます。『なにこの人、面白い!』ってなると、携帯電話の『女』っていうフォルダーに、特徴や仕草や服装をメモするんです。声が特徴的だったら、すぐにマネしてボイスメモに吹き込みます。

 

 たとえば、私がネイルしてるときの横のお客さんだったら(モノマネで)「シェル(貝殻)のせれますか~。すぐとれちゃうんですよね~」とか(笑)」

 

 今回のドラマの主人公・網浜奈美も、丸山さんが街中で見かけた『自称サバサバ女』が憑依しているのではないかと思うほど。今後はコメディエンヌ・丸山礼さんの活躍にも期待したいです。

インタビューマン山下

1968年、香川県生まれ。1992年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも2017年に芸人を引退しライターに転身。しかし2021年に芸人に復帰し現在は芸人とライターの二足のわらじで活動している。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月27日発売
表紙:加藤史帆(乃木坂46)

詳細・購入