最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1451号
12月26日号
12月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月10日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第5弾】12月1日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

C-C-B『Romanticが止まらない』お金が入って女のコはキャーキャーエンタメ・アイドル 2017.07.24

C-C-B『Romanticが止まらない』お金が入って女のコはキャーキャー

 

「当時、つき合っていた彼女と別れ話が進んでいて、完成したばかりのこの曲を聴かせたら『大好き!』って。これは売れるかもしれないと思った」

 

 こう語るのは関口誠人だ。
 ラジオ番組の企画で選抜された「ココナッツボーイズ」(後にC-C-Bと改名)。「次の曲がヒットしなかったら解散」という危機的状態にあった。

 

「僕らの統括プロデューサーは、筒美京平さんの弟さん(渡辺忠孝氏)で、バンドの方向性については完全におまかせでした。ハードロックが好きな4人と、フォークとパンクが好きな僕が、和製ビーチボーイズというコンセプトでスタート。

 

 でも、セールスにはつながらなかった。この曲から超有名なヘアメイクとスタイリストがついて、ジャケ写のようなビジュアルになって。カジャグーグーやデュラン・デュランの影響もあってニューロマンティックサウンドになったんですね」

 

 ドラマの主題歌に起用され、大ヒットを記録。女性ファンが急増し、アイドルバンドとして成功を収めた。

 

「お金が入って商店街のすべての扉が一斉に開いた感じ。女のコはキャーキャー言うし、世の中が明るく見えた。怖かったのは写真週刊誌だけ(笑)。僕がバンドを抜けた後、C-C-Bの武道館ライブを観に行ったら、渡辺さんが『お前と一緒に出たかった』と言ってた。彼は亡くなってしまったから、もうC-C-Bはできないんだよね」

 

<C-C-B『Romanticが止まらない』>
1985年1月25日発売
作詞:松本隆 作曲:筒美京平
●売上枚数:51.7万枚(1985年)
● ザ・ベストテン初登場:1985年3月7日7位
●最高位:1位
●連続ランクイン:9週

 

<カラオケ・ワンポイント・アドバイス!>
 最初に歌うメンバーの役割を決めましょう。主メロにかぶるコーラスパートも重要なので意識して。サビ前の「ハイヒール」「Tonight」にはデジタルディレイが入っているので、何人かで分けて歌うと盛り上がると思います。

 

<関口誠人>
1959年東京都生まれ。58歳。1983年、「ココナッツボーイズ」のギター&ボーカルとしてデビュー。『スクール・ガール』『Lucky Chanceをもう一度』『空想Kiss』ほかヒット曲多数。1987年、脱退。作曲家として、中森明菜、五木ひろし、松本伊代ほか、多くのアーティストに楽曲を提供。7月16日、Acoustic Live Bar harness(東京・阿佐ヶ谷)にてライブを開催。オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/sekiguchi-makoto/
(週刊FLASH 2017年7月18日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2017年秋号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

プラチナフラッシュ Vol.2
11月24日発売
表紙:渡辺 梨加

詳細・購入