エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「大坂の陣まで入る?」「今年で終わるの?」ペースゆるすぎて心配の声…前作『家康』より1カ月半遅れ【どうする家康】

エンタメ・アイドル 投稿日:2023.08.14 18:54FLASH編集部

「大坂の陣まで入る?」「今年で終わるの?」ペースゆるすぎて心配の声…前作『家康』より1カ月半遅れ【どうする家康】

 

 NHK大河ドラマどうする家康』の第31回「史上最大の決戦」が放送された。世帯平均視聴率は10.1%で、前回から0.7ポイント上昇した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 

 対立する柴田勝家を倒し、勢いに乗る秀吉(ムロツヨシ)は、信長の次男・信雄(浜野謙太)を安土城から追放する。信雄から助けを求められた家康(松本潤)は、秀吉を倒す決意を固め……というストーリーが展開した。次回は「小牧長久手の激闘」で、家康と秀吉が激突した「小牧・長久手の戦い」が描かれる。

 

 

 本能寺の変が1582年。「小牧・長久手」はその2年後の1584年で、家康は43歳。1590年には秀吉が天下統一を果たし、家康は江戸へ国替えを命じられる。その後も、関ヶ原の戦い(1600年)、征夷大将軍就任(1603年)、大坂冬の陣・夏の陣(1614〜15年)と、1616年に75歳で亡くなるまで、家康の生涯はまだまだ続くのだが……。

 

「このペースで家康の生涯を描き切ることができるのか、心配する声が多数あります。参考までに、1983年の大河ドラマ『徳川家康』(主演・滝田栄)では、小牧・長久手の戦いが、7月10日放送の第27回でした。

 

 8月14日放送の第32回で、江戸への移封、関ヶ原は10月9日です。それと比べると、1カ月半ほど『どうする家康』の方が遅い展開となっています」(テレビウオッチャー)

 

 SNSでも、

 

《家康、このペースでやってたら関ヶ原やっててっぺんとって終わる説あるよね》

 

《どうする家康って、今年で終わるの?尺、足りてる?》

 

《どうする家康このペースだと大坂の陣まで入るのか?とは思ってるので秀吉のターンは短めだと踏んでるんだがどうなんだろ…》

 

 などの声が寄せられている。

 

「番組が始まった当初から、話の進行が遅いという指摘はあり、関ヶ原までで終わるのでは、という憶測もありました。

 

 しかし、前回(第30回)、お市の娘である茶々が、家康を恨み『母上の無念は茶々が晴らします、茶々が天下を取ります』と宣言したことで、大坂の陣まで描かれることは、ほぼ確定しました。

 

 そうなると、やはり今後は “駆け足” でストーリーを進めていくしかないのでは……」(テレビウオッチャー)

 

 9月10日は、ラグビーW杯で日本戦があるため、『どうする家康』は放送休止。もはや駆け足どころか、ダッシュでないと間に合わない?

( SmartFLASH )

もっと見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事