エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

木村拓哉、“長男指名” 受けても懲りないSNSでの炎上、試される芸能生活36年の「支柱力」

エンタメ・アイドル 投稿日:2023.10.04 20:40FLASH編集部

木村拓哉、“長男指名” 受けても懲りないSNSでの炎上、試される芸能生活36年の「支柱力」

7日の会見直後の投稿同様、今回の写真もキマっている

 

「一歩前進だが、被害を受けたすべての方がどのように救済されるかを見届けねばならず、(所属タレントの広告起用は)今すぐ再開というわけにはいかない」

 

 10月3日、経済同友会の新浪剛史代表幹事(サントリーホールディングス社長)は、記者会見で、ジャニーズ事務所が2日発表した性加害問題をめぐる新たな出直し策について言及した。サントリーとしては、同事務所との新たな契約を当面は結ばない方針を変えない意向だ。

 

 また、「日本に明るさを提供されてきたタレントの方々を、新しい事務所で早く(広告起用などに)再開できることを願っているが、今すぐというわけにはいかず、状況を見極めたうえで判断したい」と語り、新会社の運営や被害者救済の行方を注視する考えを繰り返し強調した。

 

 

 所属タレントのCM起用に関しては、多くの企業が厳しい姿勢を見せている。それは、目下、“あの男” にも大きな影響を及ぼしている。

 

木村拓哉さんです。たとえば、木村さんを広告に起用している日産自動車は、ジャニーズタレントを使った広告や販促物の展開を現時点では『停止しております』と明かしています。

 

 CM出演が “壊滅的” な状況になっているうえ、来春放送が予定されていた主演ドラマ『教場』(フジテレビ系)シリーズ最新作の制作が延期になっており、木村さんにとっては苦難の時と言えるでしょう」

 

 しかし、そんな状況下、2日の会見後、木村は自身のInstagramを更新。前を見据える自身の写真などと一緒に「一歩ずつ、前に!」「PEACE!!」「STAYSAFE!」と投稿。

 

 木村は、9月7日の会見後も、ジャニー喜多川氏のモットーとされる「show must go on」というメッセージを自撮りとともに投稿し、大炎上したばかりだ。(現在、投稿は削除済み)

 

 ネット上には、木村に対する批判が多く寄せられた。

 

《前回の会見の直後に「show must go on」っつってジャニー喜多川の決め台詞と一緒に「俺ってカッコいいだろー?」って角度で撮った写真Instagramにあげて大批判浴びて削除にいった勘違い初老男の木村拓哉に、何をそんなに期待かけてるんだろう?ジャニーズの長男?支柱?》

 

《ジャニーズ事務所に残るも地獄、辞めるも地獄、どんどんダサくなる木村拓哉様》

 

「ジャニーズ事務所が大事にしてきた “長男” という存在は、これまで近藤真彦さん、東山紀之さんと受け継がれてきました。

 

『女性自身』によれば、8月下旬におこなわれた東山新社長を囲む決起集会で、『新たなトップは木村さんに』とジャニーズの長男を木村さんに託したそうです。

 

 しかし、木村さんの “長男” としてのスタートは厳しいものになっています。なにも明確なメッセージを出さず、Instagramで空気の読めない投稿をして批判を浴びています。これからは長男として木村さんが表舞台で、意見を求められる機会も多くなると思います」(芸能記者)

 

 芸能生活36年を数え、壁に直面している木村。はたして木村は、これからの “新体制” の支柱となっていけるのか。

( SmartFLASH )

続きを見る

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る