エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『サバンナの熱風』斉藤さおりはアニソン歌手・麻倉あきらとしても活躍中「ミュージシャン仲間が私の宝」【1980年代の一世風靡シンガー】

エンタメ・アイドル 投稿日:2023.10.09 06:00FLASH編集部

『サバンナの熱風』斉藤さおりはアニソン歌手・麻倉あきらとしても活躍中「ミュージシャン仲間が私の宝」【1980年代の一世風靡シンガー】

ボーカルスクール「ヴォイス・スタジオ・ムーヴ」では講師を務める(写真・越野 遥)

 

 歌番組にかじりつき、CDを買いまくった1980年代――あれから約40年、今もステージに立ち続ける「一世風靡シンガー」たちから元気をもらおう!

 

「私は松田聖子さんみたいに、フリフリの衣装を着て歌いたかったんです(笑)」

 

 斉藤さおりは1986年、アイドル顔の実力派ロックシンガーとして華々しくデビュー。17歳だった。

 

「ロックを歌うことに抵抗はありませんでした。演歌でもポップスでも、メロディが好きだったらOK。ただ、歌謡曲しか知らなかったので、洋楽のアルバムを聴きながら、少しずつ覚えていきました」

 

 

 2011年におこなわれた25周年ライブには、西田昌史(アースシェイカー)、PAUL(44マグナム)、二井原実(ラウドネス)といったハードロック界の重鎮たちがお祝いに駆けつけた。

 

ミュージシャン仲間が私の宝。長年、歌い続けていられるのは、彼らのおかげです。いまは、ロックアーティストとして『斉藤さおり』、アニソンのイベントでは『麻倉あきら』と、ふたつの名前を使い分けながら活動しています」

 

 現在も定期的にライブをおこないつつ、ボーカルスクール「ヴォイス・スタジオ・ムーヴ」で講師を務めている。

 

「私が直接、歌の指導をしています。無料体験もできるので、歌がうまくなりたいと思ったら、ぜひ一歩を踏み出してみてください!」

 

さいとうさおり

1968年生まれ 愛知県出身 1984年、「ミス・セブンティーンコンテスト」で準グランプリを受賞し、1986年、『サバンナの熱風(かぜ)』でデビュー。1996年、ボーカルを担当したアニメ『機動新世紀ガンダムX』の主題歌『DREAMS』がヒット。11月19日、「ShowBoat」(東京・高円寺)にてライブを開催

( 週刊FLASH 2023年10月17日・24日合併号 )

続きを見る

今、あなたにおすすめの記事

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る