最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ヒットメーカー「秋元康」外したときのさみしさを語る

エンタメ・アイドル 投稿日:2017.09.26 11:00FLASH編集部

ヒットメーカー「秋元康」外したときのさみしさを語る

 

 9月15日放送の『ウタフクヤマ』(フジテレビ系)にて、プロデューサーの秋元康が、「ヒットの作り方」について、持論を語っていた。

 

「狙ってるときって、大ヒットにはならないですよね。バットを短く持って打ちにいくので、打率は上がるけど、ホームランにはならない。

 

 でも、当たろうが当たらなかろうが、好きなことやろうと思って、空振りがほとんどなんだけど、ときどき当たったものがホームランになる」

 

 その一例が、AKB48だという。

 

「AKBなんかは、期待されてなくて、おもしろがってやってるから。バット一番長く持って、秋葉原に劇場をつくって、こんなことやったらおもしろいなっていうのが、たまたま当たったわけじゃないですか」

 

 バットを短く持って狙うときはどうか。

 

「でも、当てなきゃいけない、これはいろんな人に、いろんなものがかかってる場合があるでしょ。そのときはつらいですよね。ヒットを出さなきゃ、好きなことをできないってあるじゃないですか」

 

 さらに、ヒットさせられなかったときは、切ない思いを抱くことになるという。

 

「外れたとき、番組でも映画でも音楽でも、さみしいよね。人が去っていく感じ。だいたい番組が打ち切りになったりすると、あんまり打ち上げやらないんだけど、それでも集まってやるじゃない。そのときの、さみしさね。あ、こんな人数少なかったっけ? って。

 

 そのなかの偉い人が必ず『ちょっと早すぎましたね』と。『でも必ずこのメンバーで、またやりましょう!』って。やったためしがない」

 

 いまでは有名プロデューサーである秋元も、多くのさみしい思いをしてここまで来たのだろう。


続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入