最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1561号
6月2日号
5月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月22日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ハリウッド「セクハラ」プロデューサーにブラピ大逆襲エンタメ・アイドル 投稿日:2017.10.17 16:00

ハリウッド「セクハラ」プロデューサーにブラピ大逆襲

picture alliance/アフロ

 

 ハリウッド映画界の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ疑惑が報道され、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーから追放されるなど波紋を呼んでいる。

 

 複数の女優がセクハラ被害を告白。女優アンジェリーナ・ジョリーは映画に出演した際、ホテルの部屋でセクハラ行為を受けそうになり、拒絶。

 

 グウィネス・パルトローは撮影前にミーティングのためにワインスタイン氏のスイートルームを訪問したところ、「寝室に行こう」と誘われたされている。

 

 この件について、ラッパーで映画業界に詳しいRhymesterの宇多丸が10月11日放送の『バラいろダンディ』(MXテレビ)で語っていた。

 

 宇多丸は、この騒動が表沙汰になった理由をこう推測する。

 

「ワインスタイン・カンパニーって、アカデミー賞のロビイング力が強くて、アカデミー賞に常にノミネートされる作品で知られていたんだけど。

 

 ここのところワインスタイン氏の力が弱くなって、全然ノミネートされなくなったっていうのがあって。力が弱まって、こういうもともとあったセクハラ話が浮上しやすくなったのかもしれない」

 

 さらに、当時アンジェリーナ・ジョリーの夫であった俳優のブラッド・ピットが、この一件に関わっていたとか。

 

「アンジェリーナ・ジョリーがセクハラされた話を(当時の)旦那のブラッド・ピットが聞いて。超怒ってワインスタインに『てめえ、この野郎!』ってやって。

 

 いまはブラッド・ピットの制作会社『プランB(エンターテイメント)』の作品の方が、アカデミー賞にいっぱいノミネートされるようになったんで。もう完璧にやり返してやったっていう感じですね」

 

 しかし、ハリウッドの大物のなかには、セクハラ常習犯が少なくなかったという。

 

「ハリウッドの大物は、たとえば昔はヒッチコックとか本当に最低最悪のセクハラ魔なんで。いまの基準だったら絶対に許されないことが山ほどあると思うし。日本だってもちろんあると思いますし。全然……」

 

 日本でもセクハラが横行しているのだとすれば、いつかワインスタインのように、白日の下にさらされる日が来るのだろうか。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入