最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1603号
5月25日号
5月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月11日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「菊地亜美」若手芸人もびっくりのバラエティ魂を持っていた

エンタメ・アイドル 投稿日:2017.10.26 16:00FLASH編集部

「菊地亜美」若手芸人もびっくりのバラエティ魂を持っていた

 

 10月17日放送の『たまむすび』(TBSラジオ系)にて、南海キャンディーズの山里亮太がゲストのタレント・菊地亜美について絶賛する一幕があった。

 

 山里が後輩とやっている番組に、菊池が登場したときのことを振り返る。

 

「深夜の若手芸人と一緒にやってる番組で、菊地亜美ちゃんが来たときに。こちらとしては『パンスト相撲やって欲しい』と言ったら、事務所さんは……そんなに菊地亜美ちゃんがバラエティ全力でいくか悩むところで」

 

 芸人ではない菊池が、顔が崩れてしまうパンスト相撲をやる必要はないという判断も必要というのだ。

 

「私、事務所でいったら、新垣結衣さんの直属の後輩なんで。声を大にして言いたいんですけど(笑)」(菊地)

 

 結果的に、パンストは回避の方向になったと、山里が説明する。

 

「ガッキーのいる事務所ですから。『バラエティとしてってよりも、今日はコメンテーター・ゲストとして菊地亜美はブッキングされてます』ってことで。スタッフさんが打ち合わせ行ったところ『すみません、パンストはNGで』ってなったんです。まあ、事務所ってそういうもんだよ。タレントはやっぱ守らなきゃいけないから」

 

 しかし、マネージャーが席を外すと、状況は一変したという。

 

「それで本番始まりました、パンスト相撲を芸人同士がやってるときに、たったひと言。菊地亜美が『いま、事務所の人が席を外してます。いまなら(パンスト相撲)できます』って言って、かぶってやったんです。それ見て、吉本の若手芸人がみんな『山里さん、これっすか? 東京って』って言ったんだから(笑)」(山里)

 

「パンスト相撲、私もやりたかったんで。全然、イヤイヤではないので(笑)」(菊池)

 

 菊地亜美は若手芸人もびっくりのバラエティ魂を持っていたのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入