最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1508号
4月2日号
3月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第19弾】2月22日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

名脇役が選んだ「すごいと思う女性バイプレイヤー」一挙公開エンタメ・アイドル 2017.11.18

名脇役が選んだ「すごいと思う女性バイプレイヤー」一挙公開

片桐はいり

 

「芝居に安心感があり、その人を脇に配置したら作品の価値が少し上がるような人。たとえば、小池栄子さんはそういう女優だと思います」

 

 映画監督の今泉力哉氏が語る。今回、人気ドラマに出演する8人の女優らが、「すごいと思う女性バイプレイヤー」を選んだ。

 

【片桐はいり】

 

 まずは片桐はいり。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)でお馴染みの中島唱子は、「唯一無二の圧倒的な存在感なのに、どこにでもいるようなリアルな人物を緻密に演じている」と役作りを絶賛する。

 

 このほか、「一瞬で脳に焼きつくような風貌を持ちながら、じつに美しく、上品にそこにいる」(阿知波悟美)「ほかの役者と佇んでいるなかで、絶妙なバランス感覚を持っていらっしゃいます」(大西礼芳)などの意見。

 

【木南晴夏】

 

 木南晴夏という声も複数あった。“再現ドラマの女王” 片岡明日香は「お芝居のなかでコメディは難しい。お若いのに、さらっと面白く演じてしまうところがすごい」と回答。

 

 脚本家・武井彩氏も「悪役からコメディまで、幅広くこなせる演技力が秀逸。『あの役がよかった』と数々の印象を残しています」と絶賛した。

 

【山口紗弥加】

 

『カンナさーん!』(TBS系)で山口紗弥加と共演した芳野友美は、「背景での映り込み芝居にも気を抜かず、セッティングのときから雰囲気を作るために芝居を始める姿勢は、とても勉強になりました」と熱く話した。

 

【樹木希林】

 

 テレビや映画に数多く出演する阿知波悟美は樹木希林を挙げる。
「樹木さんは、バイプレイヤーの最高峰といっても過言ではありません。理由を答えることすら失礼な気がします」

 

【阿知波悟美】

 

 その阿知波を推すのは、バラエティ番組でも活躍する大島さと子だ。

 

「気のいいおばさん役から、嫌味で腹黒い悪女まで演技の振り幅が大きい。とくにイヤな女になった瞬間の目つきは、『本当に憎たらしい!』と思わせるところが素晴らしい(笑)」

 

【筒井真理子】

 

『花子とアン』(NHK)で共演した筒井真理子を推挙したのは、芳野友美。

 

「方言指導の立場であったので、役作りにも立ち会わせていただいたのですが、筒井さんは、わずかなシーンでも台本を読み込み、自分の役割を追求する方。完璧な演技プランを立てて撮影に臨む姿を見て、ただただ尊敬しました」

 

【麻生祐未】

 

 加えて、麻生祐未についても語る。

 

「湧き出る存在感、哀愁、役の人物の背景などが滲み出て、とても厚みのあるお芝居をされる方です。観ていると、つい感情移入してしまいます」(芳野友美)

 

12

【関連記事】

・佐藤二朗と野間口徹「名バイプレイヤー」先輩・後輩対談!

・光石研にムロツヨシ…共演者が絶賛する「名脇役」の風格

・蛭子能収から佐藤慶まで…共演者が絶賛する「名脇役」の風采

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入