最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

下積み時代の「有吉弘行」博物館の中で暖を取りつつネタ合わせエンタメ・アイドル 投稿日:2018.02.06 06:00

下積み時代の「有吉弘行」博物館の中で暖を取りつつネタ合わせ

 

 1月27日放送の『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)にて、お笑い芸人の有吉弘行がかつての売れない時代について語っていた。

 

 四谷の荒木町を歩きながら、「太田プロは(事務所が)このへんだから。ずーっと四谷三丁目なんだよね」と話す有吉。

 

 消防署の前を通り、「ここね、博物館があるのよ」と当時を振り返る。

 

「本当に若手の頃、この前でネタ合わせして。寒いからこのなかに入って、寒さ避けてたわ。なつかしいわ~」

 

 今や大人気の有吉といえど、道端でネタ合わせしていた時期があったのだ。

 

「ここにイスがあるのよ。で、事務所がすぐそこで、稽古場がそこだから、座りながらネタ合わせしてさ」

 

 もともとは関西でオール阪神・巨人の巨人に弟子入りするも、1994年に無断で上京し、太田プロに所属。

 

 1996年には当時大人気だった『進め! 電波少年』のヒッチハイク企画で猿岩石として大ブレイクしたため、その間の2年の話だろう。

 

 博物館を探索し、ベンチを見つけると「こういうところに座って、長居してたよ」と、展示物をそっちのけで、当時を振り返っていた有吉。

 

 公式サイトのプロフィールによると、現在12本のレギュラー番組を抱えている有吉。これほどのブレークをどこまで予想していたのだろうか。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入