最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

佐藤仁美「私の生き霊がついている」と最低のヒモ男に恨み節

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.02.27 16:00FLASH編集部

佐藤仁美「私の生き霊がついている」と最低のヒモ男に恨み節

aflo

 

 女優佐藤仁美が、2月15日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した。

 

 番組で佐藤は、過去に付き合っていた最低なヒモ男について語っていた。佐藤はホリプロスカウトキャラバングランプリ。デビュー当初は正統派の美女として売り出されていた。

 

「20歳か21歳くらいのときだったんですけど、自称社長の、ちょっと年上の人。いま会社が傾きかけてるみたいな感じで。気付いたら衣食住、欲しいものがあれば(一緒に)お店に行く、(彼が)キャバクラ行きたかったら一緒に行く。『パチンコ代ちょうだい』みたいな。全部(私が支払う)」

 

 当然、周りから交際を反対されたという佐藤。しかし、「若いから、(反対が)エネルギーになって『私、別れない!』みたいになっちゃって」と振り返る。

 

 佐藤の貯金額まで把握していたという元彼。なぜそのことに気付いたのか。

 

「彼、車が好きで。ホイールとかプレゼントしたこともあったんですよ。デートは車屋さんめぐり。(私が)『この車、かわいいな』って言ったら、『仁美、あの貯金で頭金出せんじゃん』みたいな。私も『わっ! 通帳見てたんだ』と思って。隠してあったのに」

 

 それでも別れなかったという佐藤。元彼のたかり癖は生活費や趣味だけでなく、旅行にまで及んだという。

 

「お金を全然出さないのに、ある日『旅費だけ出すから、向こうで遊びに使うお金を仁美が出して』って。珍しくお金を出してくれるなあと。で、旅行に行って全部払ってとかやってたら、私のマイルを使って旅費にしていた。結局、全部私が払っていた」

 

 元彼は現在どこで何をしているかわからないが、「私の生き霊がついている」と恨みを語った佐藤。経験を活かし、その後はまともな男性と交際するようになっていればいいのだが。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入