最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

芸人のネタにテロップつけるのはありかなしか、ケンコバは不要派

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.03 20:00FLASH編集部

芸人のネタにテロップつけるのはありかなしか、ケンコバは不要派

 

 2月21日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)にて、お笑い芸人のケンドーコバヤシが、バラエティ番組『エンタの神様』(日本テレビ系)について、語っていた。 

 

 この番組は多くのブレイク芸人を輩出した一方で、コアなお笑いファンから批判的な見方もあったのだが、ケンコバも同じ見解のようだ。

 

「字幕(番組内のネタに入るテロップ)は要らんような気がするけどね。だって、(視聴者に)伝わるか、伝わらへんかは、ガチの話で言ったら、芸人が(腕を)磨いていかなあかんだけのことやから」

 

 字幕が必要なのは、芸の腕が足りていないだけと辛辣なコメントだ。

 

「伝わるように作りなさい、聞こえるようにやりなさいっていうね。それは劇場に出てる師匠たちもそうやってきたんやから。『テロップ出さなきゃ伝わらない』ってことは、出し手の力不足じゃないの? って思うけど」

 

 これに対して、アンガールズの田中卓志がこう反論する。

 

「演出してる人は、芸人をやったことがあるわけじゃないだろうから。芸人の思いはわかるけど、視聴者に近いのは、そっち(演出家)の人の方だと思う。

 

 その人が『テロップがあった方がいい』って思うんだったら、そういう番組もあっていいんじゃないかなって思うんです」

 

 それでもケンコバは「(字幕が)ある番組もあっていいと思うけど、(字幕に)頼る世界になっていくぞって思ってしまう」と揺るがない。

 

 有力な芸人同士でも意見が割れるセンシティブな話題だが、それぞれのスタイルが垣間見える討論だった。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入