最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1541号
12月24日号
12月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

石橋貴明と岡村隆史がお笑い番組の審査員をやらない理由エンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.08 20:00

石橋貴明と岡村隆史がお笑い番組の審査員をやらない理由

 

 3月1日放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』に、お笑い芸人のとんねるず・石橋貴明が出演。ナインティナインの岡村隆史とともに、お笑い賞レースについて語っていた。

 

 視聴者から「M-1グランプリ、R-1グランプリ、キングオブコント、THE W、どれかの審査員をやるとしたら、どれを選ぶか」という質問について、こう答える石橋。

 

「審査員、やらないですよ。笑いは審査するものかい? 実際、1位になったからその人が売れる? 2位くらいの人が売れちゃったりするわけじゃん。点数つけるもんじゃないよね」

 

 しかし、石橋は『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)というオーディション番組からデビューしている。だが、審査員たちに高く評価されたわけではなかったと、過去を振り返る。

 

「(審査員の)京唄子さんとか、鳳啓助さんとか、米丸さんには、たぶん(自分たちのネタを)わかってもらえてなかったもんね。

 

 そんな方たちに、18歳の部室でやってるようなことをやってもそれは無理だよね。『猪木のタコ揚げ』なんつって、『何を言ってんだ? この子たちは』って」

 

 つまり、企画や大会での評価の良し悪しは、本質的には意味がないということか。しかし、とんねるずを高く評価してくれた人たちもいたという。

 

「だけど、タモリさんと赤塚不二夫さんだけは、『なんだかわかんないけど、面白いよ』って。あのふたりの褒め言葉で調子に乗ってしまった、ということなんで。

 

 だから、人の笑いを(評価する)って難しい。自分が他人の笑いを評価するほどの人間じゃないから。やる技量がありません」

 

 岡村も、大会の審査員のオファーが来たとしても、「僕は絶対やらないです」と同意。

 

「自分にそんな腕があるのか? って思ってしまうから。みんな面白いし、『こっち側の人が面白かった』って、やっぱりよう言わんなと思って。

 

 テレビを見て、勝手にプライベートで審査して『こっちが面白かったな』と思うぶんにはいいですけど、やっぱりそういうの(審査員)はようせんなって思って」

 

 お笑い大会の審査員は固辞するふたりだが、『みなさんのおかげでした』『めちゃめちゃイケてるッ!』(ともにフジテレビ)の企画で、数々の芸人が売れるきっかけを作ってきたのも事実。

 

 もしこのふたりから「面白い」と評されたら、かつて石橋がタモリと赤塚に褒めれたことと同様、勇気づけられる若手は多いだろう。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入