最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1567号
7月21日号
7月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月7日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

伊集院光が思い出す「故・伊丹十三監督」撮影現場の厳しさエンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.10 16:00

伊集院光が思い出す「故・伊丹十三監督」撮影現場の厳しさ

 

 2月26日放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ系)にて、お笑い芸人の伊集院光が、故・伊丹十三監督の映画に出演した際のエピソードを語っていた。

 

 長い芸能生活のなかで映画出演は少なく、「3本ぐらいしか出たことないんじゃないかな」と伊集院。

 

 監督によって現場の指示もさまざまだという。

 

「たとえば、セリフにしても『一字一句間違えないでください』っていう人も、『ニュアンスも絶対変えないでください』っていう人もいる」

 

 出演作『マルタイの女』の撮影現場では、伊丹監督から厳しい指示があったとか。

 

「『マルタイの女』で刑事やったとき、すごい長台詞で。おれは刑事で、その警察署に出前を持ってくるラッキィ池田さんに、延々とイヤミ言うってシーンがあったんだけど……『そこは違う、ここも違う』みたいな。もう、伊丹十三監督は一字一句違っちゃダメなタイプだったから」

 

 さらに、現場の頑張りだけでは終わらなかった。

 

「すごい直して、直して……。注文をしてイヤミ言って、帰るだけのシーンを、2時間くらいやった結果、編集のときに『全部アフレコで録り直しだ』って(笑)。『やっぱり違ったから』ってくらい厳しい人もいて」

 

 すばらしい作品を残した名監督のこだわりは、少々出演者泣かせだったようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入