最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1473号
6月26日号
6月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第10弾】5月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

大竹しのぶ「少年役を演じたら体も少年になった」伝説の真偽エンタメ・アイドル 2018.03.12

大竹しのぶ「少年役を演じたら体も少年になった」伝説の真偽

『写真:女性自身』

 

 女優の大竹しのぶが、3月1日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。番組では大竹にまつわる都市伝説を紹介し、本人がその真偽について語った。

 

 まずは、かつて『笑っていいとも』(フジテレビ系)で取り上げられた「火傷の演技をすると、実際に火傷が顔に浮かび上がった」という伝説について。

 

 大竹は「舞台稽古をやっていたら、本当に(顔が)ブワーって赤くなって、ただれちゃった。化粧品にかぶれただけかもしれないけど、そういうことがあった」とし、「結核の役をやったときは、血痰みたいのが出てきた。若いときは(役を)思い込んでるからね」と明かす。

 

 続いて、故・蜷川幸雄氏が生前語っていたという「台本が覚えるのが異常に早く、駐車場からリハーサル室に入る間に覚える」という伝説。

 

「(これだけ聞くと)すごい嫌なやつですよね。覚えるのはすごく早い。もともと私は学校行きながら朝ドラとかやっていたので、『ここで覚えなきゃいけない』って集中力が(発揮された)。切羽詰まってからじゃないとやらない一夜漬けタイプ」

 

 ちなみに大竹は、台本は基本的に声に出さず目で見て覚えるのだという。

 

 続いて美容家・早野實希子氏から「少年役を演じて体も少年になった」との伝説が紹介される。

 

 早野氏によると、大竹が60歳で舞台『にんじん』の少年役を演じ始めてから、腰回りが一回り大きくなった。さらに、うつ伏せになるとお尻が浮き、内股になって股間をかばうような動きになったという。

 

 大竹は「本当なんです。14歳の男のコの役を去年やって。早野先生のところに行ったら、『変なこと言っていいですか? 異物が体にあるみたい』って」と説明。そのとき「ここですか?」と大竹が股間を指さしたところ、早野氏は即座に頷いたという。

 

 少年を演じ、下半身まで男の子になってしまうという展開に、出演者たちは「どういうこと? 何を言っているかわからない」とパニックになっていた。

 

 番組では「見えない異物が体内にある感覚が(ちゃんと)ある」と力説していた大竹。女優魂もここまでくるともはや奇跡である。

 

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年GW号
4月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.4 5月25日発売
表紙モデル:渡邉理佐(欅坂46)

詳細・購入