最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

明石家さんま「パチプロ」として暮らしていた東京貧乏時代エンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.21 16:00

明石家さんま「パチプロ」として暮らしていた東京貧乏時代

 

 明石家さんまが3月4日放送のラジオ『明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト 私の東京物語』(ニッポン放送)でパチンコへの思いを明かした。

 

「高校のときに小遣いをあまりもらえないので、授業抜け出してパチンコに行って、サッカー部の部活の前に戻ってきて、いろんな物を買ってきてあげるのが決まりになっていた。

 

 なんでそんな勝てたかと言うと、父の水産加工業の会社に勤めていた人が辞めて、パチプロになっていた。その人に『パチンコ勝ちたいのか?』と言われて、釘を教えてもらった」

 

 そのパチプロの知人に当時のパチンコの要である釘の良し悪しを伝授してもらったというさんま。芸人になってからもパチンコで生活していた時期があったという。

 

 関西で笑福亭松之助に弟子入りしたが、東京で一旗揚げようと女性と上京して「駆け落ち事件」を起こす。当時、東京・小岩で8000円の家賃の部屋に住んでいたころのエピソードも話していた。

 

「あまりお金持ってきてないから、パチンコで数カ月暮らしていた。共同便所で風呂なし。11時過ぎると銭湯に入れなくて、冬に水道の水で頭を洗って、死ぬかと思った」

 

 その後、大ブレイクし、女優・大竹しのぶと結婚。1992年に離婚するが、養育費の一括支払いを思い立ち、競馬で一攫千金を狙ったが、47連敗したという。その話を2014年8月4日放送の『痛快!明石家電視台』(MBS)で明かしている。

 

「47連敗という記録を作ってもて、トータルしたらとんでもない金額になるわ。たぶん小ちゃな家は買えたと思うわ」と数千万単位の損失を出したと振り返った。

 

 パチンコは最近はやっていないようだが、競馬は2003年、2004年のJRAのイメージキャラクターを務めるなど、縁がある。大成する男はギャンブル好きが多いのかもしれない。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入