最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

FUJIWARA藤本敏史「カメラ回ってないところで頑張る」理由

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.22 16:00FLASH編集部

FUJIWARA藤本敏史「カメラ回ってないところで頑張る」理由

 

 3月9日配信の『芸能義塾大学』(AbemaTV)にて、お笑い芸人FUJIWARA藤本敏史が、番組でゲストに呼ばれるための工夫を語っていた。

 

「よくやるんですけど、クイズ番組に出て、セット転換のときに、遊ぶというか。

 

 たとえば、MCが南海キャンディーズの山里、ぼくが回答者のクイズ番組で、問題が出てないのに、答えだけを言うみたいなノリをやって」

 

 どのような答えを出したのか。

 

「ピンポンって押して『カラオケのリモコン!』って言うたんです。山里が、『日馬富士が持って殴った凶器は何でしょう? って問題なんか出ないですから!』ってツッコんで」

 

 この現場に居合わせたというタレントの菊地亜美も、「カメラ回ってなかったけど、みんな見てました」と好評であったと報告。

 

 さらに藤本が、この工夫が及ぼす効果について説明。

 

「スタジオ収録って長いし、疲れるじゃないですか。重い空気になる時間があって、そういうときに一発こうやって笑いをとると、演者もスタッフもリフレッシュになる。

 

 総合演出とかも見てるんですよ。そこが笑ってると、『よし!』ってなる。あとMCの方とかが笑ってると、けっこうそれで『あいつ、いいな』みたいになって。

 

 カメラ回ってるところで頑張るだけじゃなくて、カメラ回ってないとこで頑張るっていうのが、いちばんつながるのよ」

 

 芸歴28年めにして、周囲の盛り上げ役を買って出るサービス精神が、芸能界で生き残ってきた秘訣なのか。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入