最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

梶芽衣子『女囚さそり』キャラ誕生の秘話を語るエンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.25 20:00

梶芽衣子『女囚さそり』キャラ誕生の秘話を語る

 

 女優の梶芽衣子(70)が、3月10日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演した。

 

 梶はジーンズにタートルネックのセーターというラフな格好でスタジオに登場。司会の阿川佐和子が、思わず「たくさんの女優さんに出ていただいているんですけど、ジーンズの方は初めてです」と漏らすも、「ダメだった? だって朝だからジーンズでしょと思って」と応じる。

 

 クエンティン・タランティーノなど海外の有名映画監督からも愛される梶だが、そのカリスマ性は日活からデビューした時点で発揮されていたという。

 

「デビューしたときに、自分でどうにかしなくちゃいけないくらいほったらかされてて。同期は渡(哲也)さんだったんですけど、会社が全部渡さん。私はどうでもいい的な。

 

 あのころの女優さんて、みなさん優等生だったわけ。その中で、同じじゃあダメでしょうって。ここにいないのは非行少女だなと思ったんですよ。それでジーンズを履きました」

 

 清純派女優たちの中でジーンズ履きは異端児だったのだろう、案の定、会社から呼び出しがかかった。

 

「ある日、所長さんに呼ばれて『君は女優さんなんだから、もうちょっと女優らしい服装があるでしょう』って。(私は)『そうですね。でもギャラが安すぎて買えませんし、別に不潔にしてるわけでもない。洗いざらし(のジーンズ)に白いシャツで、これもちゃんと清潔なもんですよ。何がいけないんですか』って」

 

 この発言に対し、所長は言い返すこともできず「わかりました」と了承。それ以降もジーパンで通した梶は、「『すごいのが入ってきちゃったね』みたいなことだったらしいですよ。だって女優さんは逆らう人なんていないから」と振り返っていた。

 

 梶の代表作に『女囚さそり』がある。タランティーノも心酔する作品だ。この映画の制作においても、梶は独自のこだわりを見せるのだが、意外にも最初は乗り気でなかったという。

 

「台本と原作を家で見て、タメ口羅列の喧嘩ばっかりでこれはできないなと。このままだとつまらない。どうすればいいんだと思ったときに『このヒロインに言葉はいらない』って(ひらめいた)。

 

 相手が喧嘩をふっかけて来るけど、それに対して無言でいる方が怖くないかなと。それで『一切セリフ言わないでいいんだったらやらせていただくけど、この台本のままだったらやらないわ』と」

 

 大胆な提案は受け入れられ、企画がスタート。梶は制作側の決定を「賭けは大きかったと思うのよ」と振り返る。

 

 当時、映画は2本立てが基本。本人いわく菅原文太の主演作と抱き合わせのB級映画の予定だったというが、いざ蓋を開けてみれば、宣伝部が「さそりで来てますわ〜」の大騒ぎになるほどの大ヒットだった。

 

 映画『キル・ビル』の挿入歌をきっかけに、世界中で幅広い世代のファンを得た梶。過去の出演作も次々にDVDとして復刻され、日本の若い世代にも注目されることとなった。彼女のカリスマ性に時代は関係ないのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入