最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

大槻ケンヂ「痛風」になってファンの「フェス痛風」を心配エンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.29 20:00

大槻ケンヂ「痛風」になってファンの「フェス痛風」を心配

 

 3月9日放送の『大槻ケンヂのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)で、筋肉少女帯の大槻ケンジが50代ならではの体調の変化を語った。

 

「50代のバンドマンは、やっぱり健康(に関心が強い)ですよ。とにかく楽屋で、健康の話しか出ない。僕も痛風になりました。 “フェス痛風” とか絶対いるよね。フェスに来て、いい気になって騒いでたら、痛ててて、みたいな(笑)」

 

 血液中の尿酸値が高い状態(高尿酸血症)で、足の指や足首、膝などに起こる急性の関節炎である痛風に悩まされていることを明かした。

 

 筋肉少女帯として1988年にメジャーデビューした大槻だが、現在は52歳。40代のころから体調の変化を感じており、2015年10月7日放送のTBSラジオ『ザ・トップ5』ではこう訴えていた。

 

「40代って体が変わってくるでしょ? それで、成人病的なものとかに自分は関係ないと思っていたんですけど。だんだんそういうものに煩わされていくようになってきた。だから、ライブが終わって打ち上げでガーっと飲んで、ウワー! みたいなロックンロールライフは体に悪いっていうのがだんだんわかってきました」

 

 バンドだけでなく、ソロとしての音楽活動や『ラストアイドル』(テレビ朝日系)の審査員などで精力的に活動している大槻。だが、「休む」ことについてはウェブ『日刊SPA』でこう答えている。

 

「休んでしまうと、中高年特有の鬱になっちゃいます。鬱はもちろん脳の病気であるけども、あれは集中力の問題もあると思うんですよね。中高年になると、何もしていないと集中力が自分の負の部分だけに向いてしまいますから。カラダも鍛えて、負に向かう集中力を拡散しないと」

 

 過去に鬱病になり、「不安はあるがままに捨ておいて、今、自分がすべきことをすればいい」という森田療法で立ち直ったことを明かしている大槻。体調に留意して、これからもロックしていって欲しいものだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入