最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

宮迫博之「多すぎるお笑い芸人はゴミ捨て場のアルミ缶のよう」

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.04.20 11:00FLASH編集部

宮迫博之「多すぎるお笑い芸人はゴミ捨て場のアルミ缶のよう」

 

 お笑い芸人の数が増えすぎて、上が詰まっている……。そんな話をする芸人が多いが、4月10日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)にて、雨上がり決死隊の宮迫博之が、自身の若手時代と現在を比較して語っていた。

 

「今のお笑い界ってすごい飽和状態やから。吉本だけで、養成所で年間に何千人って入ってくんねん。これで怖いのが、30年前、おれらの時代って、100人くらい入って、コンビで残ってんのおれらだけやねん。もうほとんど一握りしか残らへんのが現状やったのに、今、誰もやめへんねん」

 

 その理由をこのように分析する。

 

「年いってから売れるパターンというか、苦労して売れてらっしゃる方がたくさんいる。『なんとかやってれば、いつかは……』みたいな。そういう人がやめへんから。

 

 中堅どころも、先輩もやめへんでしょ。だから、中堅のところが、ゴミ捨て場のアルミ缶くらい圧縮させてしまって、カチカチになってもうて。身動きとられへんようになってしまってる」

 

 さらに、「まわりに、売れてへん後輩だらけ」という宮迫は、仲の良い後輩を「仕事で使いたい」と常々語っているとか。

 

 8年ぶりに始まったこのラジオの仕事が決まった瞬間、一緒にいた東京ダイナマイトの松田大輔は「すぐ『お願いします!』って頭下げました」という。その結果、推薦され、ラジオのレギュラーの座をゲットしたのだった。

 

 この飽和状態のお笑い界を生き抜くには、先輩との付き合いも重要なようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入