最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1618号
9月28日・10月5日号
9月14日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月3日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

パンクブーブー佐藤哲夫「吉本プラモデル部」でガンプラに燃える

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.04.26 20:00FLASH編集部

パンクブーブー佐藤哲夫「吉本プラモデル部」でガンプラに燃える

吉本プラモデル部YouTubeチャンネル

 

 パンクブーブー佐藤哲夫が、4月18日放送の『イッテンモノ』(テレビ朝日系)に出演した。

 

 番組では、早く入りすぎた現場での過ごし方の話題に。佐藤は「だいたいプラモ作ってる。趣味でプラモデルやってるから」と発言する。

 

 実際に作ったガンプラが写真で紹介されると、「これ、もともとこういうやつ(形状)じゃない。8割方プラ板とパテで、自分で作っている」と、改造を加えたオリジナル作品であると説明した。

 

 さらに「バンダイさんがやってるプラモの大会がある。一昨年、日本で2番目にガンプラを作るのがうまいやつになりました」と大会での成績を明かす。

 

 ここで相方の黒瀬純が、ある料理番組での佐藤のエピソードを紹介する。

 

「(楽屋で)ヤスリみたいなのでシャカシャカやってるんですよ。で、本番になって『おにぎりできました!』って持ってる爪がクソ汚ねえ!」

 

「吉本プラモデル部」をハイキングウォーキング・鈴木Q太郎らと結成しているという佐藤。2016年2月28日付けの「電撃ホビーWEB」のインタビューにて、本格的に取り組むようになったきっかけについて語っている。

 

「僕は子供の頃ずっとプラモデルを作っていたのですが、芸人になってプラモデルを買うお金もなくて、一時期止めていたんです。電気水道ガスを止められてプラモデル作ってる場合じゃないと(笑)」

 

 およそ10年間この状態が続き、なんとか芸人として食べられるようになったころ。

「(アニメ)『ダンボール戦機』のDVDに付属していたプラモデルを僕がたまたま置いていたら、当時2歳半くらいの息子が『これなあに?』と。で、息子と一緒にプラモデルを作っていたら、自分のほうにプラモデル熱がついちゃって、戻った感じです」

 

 インタビューでは、プラモデルを製作するのに「脚だけで3ヶ月」と明かしている佐藤。爪だけでなく、ネタ作りにも影響が出なければいいのだが。

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入