最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1611号
7/27・8/3号
7月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月13日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

二階堂ふみ「女優になってテレビに出たい」と小4で宣言

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.04.28 14:00FLASH編集部

二階堂ふみ「女優になってテレビに出たい」と小4で宣言

 

 いまや、押しも押されもせぬ実力派女優に成長した二階堂ふみ(23)。本誌は、二階堂にとって「女優の原点」ともいえる沖縄で、その幼少期を取材した。

 

 大通りから少し離れた、沖縄らしい住宅街。その一角に二階堂の生家があった。子供の頃は自宅近くでよく見かけたと、ある商店主は懐かしむ。

 

「とにかくおてんばな子でした。商店街の中を走り回っていましたよ。男の子と遊ぶ姿をよく見ましたね」

 

 一人っ子だった彼女は母親の意向で琉球空手、バイオリン、英会話など、習い事をいくつもしていたという。

 

「お母さんは厳しい人でした。でも、母子で連れだって、よく映画館に行っていました。女優になったのは、お母さんがさせたかったからじゃないかな」(小学校の同級生)

 

 この同級生によれば、二階堂は小学4年生のとき「私は女優になってテレビに出たい」と話していたという。

 

 小学6年の学芸会で披露した『サトウキビ畑』という劇では主役を演じた。戦争をテーマにした劇だった。このころには、地元のタウン誌でモデルを務めるようになっていた。

 

「体育の時間で校庭に出ると、日傘をさして授業には参加しなくなっていました」(前出・同級生)というのだから、トップ女優への階段を、すでに昇り始めていたわけだ。

 

 感受性が、ほかの女の子とは違った。

 

「さばさばした性格で強気な子だった。言い合いになると一歩も引かない。男の子が読む、板垣恵介の『グラップラー刃牙』という漫画の『花山薫』という暴力団組長のキャラクターが好きだと言っていた」(別の小学校の同級生)

 

 それでいて、女の子らしさもある。

 

「バイオリニストの葉加瀬太郎が地元でコンサートを開いたとき、『沖縄らしい花束を渡したい』と言って花を買いに来た。ふみちゃんが選んだのはソルボンヌという花。花の種類をたくさん覚えていて、感心しましたね」(生花店店主)

 

 彼女には行きつけの古着屋さんがあった。彼女自身が「おしゃれの基本はここで教わった」という、二階堂ファンの間では聖地といわれている場所。

 

 大人向けの古着屋だったが、彼女はここに週に1、2回通い、店内で宿題をすませることもあったそうだ。早熟だった彼女は、この古着屋でスカウトされ、タウン誌の表紙を飾る。さらに、「沖縄美少女図鑑」に出たことで注目されることになった。

 

 小6で「nicola」専属モデルとなり、中学1年のとき、女優としてデビュー。東京と沖縄を行き来するようになり、学校は休みがちになった。

 

「小中時代の呼び名は「ふーみん」。中学2年のときに『俺、ふーみんが好きなんだよ』って告白した同級生がいて、学校中で話題になった。ふーみんの返事はオッケー。でも校内を2日ほどデートしたらふられてしまった」(中学の同級生)

 

 中学を卒業すると、本格的に女優として活動するために上京。東京の高校に進学した。その後、彼女は一浪して慶應大学に合格している。

 

 3年前の成人式に、二階堂は帰郷し、同級生らと成人を祝った。

 

「すっかり女優の顔になっていて、さすがに彼女の写真を撮るのは気が引けました。でも同級生同士の絆は深くて、いまも仲はいいですよ」(同前)

 

 そして、2017年末。二階堂は栃木生まれの恋人・米倉強太(23)を沖縄につれてきて、仲よくデートしたのだった。

 

(週刊FLASH 2018年3月27日・4月3日合併号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入