最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

及川光博「小学生のころのアダ名は『キザ男』だった」

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.05.05 20:00FLASH編集部

及川光博「小学生のころのアダ名は『キザ男』だった」

 

 俳優で歌手の及川光博が、4月30日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)に出演した。

 

 番組では、及川のミステリアスなプライベートに注目。「サンダルは履かない」「太陽が嫌い」「ジャージ・スウェットで出歩かない」など、イメージ通りの回答が相次いだ。

 

 司会のなるみが「子供のときって “ミッチー” 以外にあだ名とかあったんですか?」と質問すると、及川は「もちろん。小学生のころは “キザ男”」と真顔で応じる。このため「ベースが変わってないじゃないですか」とツッコまれていた。 

 

 いまでこそ、“ミッチー” らしいエピソードとして笑えるのだが、当時の及川少年にとっては違ったようだ。2015年3月9日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では、小・中学校でいじめにあっていたと明かしている。

 

「僕は仲間外れだと思っていたんですけど。人生の大きな挫折。小学校6年生のときに相当悩みましたね。女子と仲よくしすぎると、当然妬みが生まれて。学校に行ってもクラスで(誰も)口を聞いてくれない。『とにかく進学塾に通って受験勉強して私立に行こう』と思ったら、私立の中学に行ってもまた仲間外れに合うんですよ。『これ僕に問題があるんじゃないかな?』って(笑)」

 

 女子と話す方が楽だったという及川。バレンタインのチョコレートをたくさんもらったり、ファンクラブもできてしまったため、男子からいじめられるようになったらしい。

 

「子供のころから衣装を着て学芸会の舞台に立つのが好きでした」と語る及川。演技や歌に対する姿勢が形成されたのもこのころだ。

 

「社会に接点を持つと言ったらオーバーですけど、必要とされる処世術として、学園祭とか演劇部の公演とか、ステージに立とうと。どうせだったら思いっきり目立って呆れられようって」

 

 ちなみに番組で紹介された写真では、ドラキュラ風の衣装に、手を腰にそえるなど、往年の映画スターさながらのポージング。思わず黒柳も「どうしたんですかこれ?」とツッコんでいる。

 

 及川は「やっていることは、今とさほど変わらないんです。15歳のころにロックバンドを始めて、演劇部に所属して。で、女子にキャーキャー言われて。それから30年間はお芝居と歌。他の商売・職業を思いつかなかった」と明かしていた。

 

 イジメられた経験が、いまの “ミッチー” を完成させたようだ。

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入