最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

吉田鋼太郎「蜷川幸雄」の演出を引き継ぐも「夢でも怖い…」

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.05.08 16:00FLASH編集部

吉田鋼太郎「蜷川幸雄」の演出を引き継ぐも「夢でも怖い…」

 

 俳優吉田鋼太郎が、4月30日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演し、演出家の故・蜷川幸雄氏とのエピソードについて語った。

 

 番組で吉田は「最初から怒られたのが出会いだった。まだ21ぐらいのとき。女装した男の人(の役)で、それが100人ぐらいで踊る。若かったので、どうやってやったらいいものかいろいろ手探りで、なんとなくやってた」と振り返る。

 

 当然、蜷川氏から「そこのお前! なんだそれは。もっと踊るんだよ!」と檄が飛んだという。

 

「最初は誰に言ってるのかわからなかった。俺だったらすごく嫌だなと。で、恐る恐る視線の方向を見たらここ(自分)だったんです。そのときに二度と会いたくないと(思った)。次の日から行くのをやめました。『もう辞めよう』と」

 

 そのまま吉田は舞台をフェードアウトして降板。出演者から「次のオファーが来なくなるでしょう?」と質問されると、吉田は「ずっと来ない。(再会するのは)20年後」と明かしていた。再会時にその話をするも「日常茶飯事」だったため、本人はまったく覚えていなかったという。

 

 現在は遺志を受け継ぎ、シェークスピアの舞台の芸術監督を務めている吉田。WEBマガジン「スパイス」のインタビューで、蜷川氏から受けた演出についてこう語っている。

 

「俳優の肉体、個の人生を通過した台詞でなければ、お客様に届けることはできないと、そこは非常にこだわってらっしゃいました。最後の『NINAGAWA・マクベス』の稽古場でも、『とにかくお前たちの言葉でしゃべってくれ』と。シェイクスピアをいかに俳優の言葉として喋るか。非常に難しいことですが、僕が共感する部分もそこですね」

 

 偉人の後を継ぐプレッシャーからか、蜷川氏が夢に出てくることもあるという。

 

「しょっちゅうですね、もう5、6回は出てこられました。たいてい機嫌が悪い(笑)。例えば、準備不足で稽古場に行って、なんとか誤魔化して乗りきろうとするのに、やっぱりバレて怒られるとか。リアルなときと同じですね。夢でも怖いです(笑)」

 

 インタビューでは、一度逃げた自分が演出を引き継いでいることについて「運命って不思議だなって思いますね」と述べていた。役者人生として、蜷川氏抜きには語れないようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入