最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1533号
10月22日・29日合併号
10月8日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

元財務官僚の高橋洋一「官僚の方が偉いから大臣を呼び捨てに」エンタメ・アイドル 2018.05.21

元財務官僚の高橋洋一「官僚の方が偉いから大臣を呼び捨てに」

 

 元財務官僚作家高橋洋一が、5月15日放送の『雨上がりの「Aさんの話」〜事情通に聞きました!〜』(ABCテレビ)に出演した。

 

 番組では、いわゆる「官僚」と呼ばれる国家公務員・総合職について特集。勤務時間は9時30分から17時45分までが基本だというが、高橋は「あってないようなもの。時期にもよりますね」と発言する。

 

 高橋によると、忙しい時期とは国会中や新たな法案を作るときで、「忙しくて夜中まで仕事するときもある」という。主な仕事は、国会対応と法案作成がメインだ。

 

 国会対応では、官僚が、議員からの質問に対する大臣の答弁書を作成する。質問は事前に提出される決まりだが、高橋は「質問が遅く来たとき、質問が大量にあるときは、仕方なく泊まり込みっていうときもありますね」と解説する。

 

 しかし、ここでスタッフから自身の体験を聞かれると「私は待機しないで家に帰ってました。答弁ってそんなに作るの難しくないですからね。だいたいふわっと、もっともらしい答えを書くってだけなので。いろんなパターンを作っていました」と振り返る。

 

 さらに「(答弁書は)中身がないんですよね。水みたいなもので、『それはとにかく』『一般論としては』と言いながら答えればいいんですよ」と吐き捨てた。

 

 続いて国会中継などでよく見かける、官僚が大臣にささやきかける光景についてこう説明する。

「想定問答に書いていないことで、大臣がそのまま答弁できることをささやいています。(大臣たちは)まったくそのまま言います。答弁書に書いてあるものはそのまま答弁するし、ささやいた内容はそのまましゃべる。

 

 いわば、大臣はアナウンサーで官僚が作家ですから。(本人が理解しているかどうかは)アナウンサーが中身をわからずにしゃべれるのと同じレベルですけどね(笑)」

 

 番組で、官僚は大臣を通常「くん」付けで呼ぶ習わしだが、「実際は呼び捨てだけどね。官僚の方が偉いから」と明かしていた高橋。政治家は官僚からずいぶん下に見られているようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入