最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

いつも3番手だった「橋爪功」ずるい役こざかしい役が大好きエンタメ・アイドル 投稿日:2018.06.03 20:00

いつも3番手だった「橋爪功」ずるい役こざかしい役が大好き

 

 俳優橋爪功が、5月25日放送の『A-studio』(TBS系)に出演した。

 

 番組で橋爪は、司会の笑福亭鶴瓶に「いつごろから売れ出したんですか?」と聞かれ、「40過ぎてからですね。ちょこっとした仕事はあったんですけど、いわゆるNHKの朝ドラ。それでオファーが来るようになった」と発言。

 

「ずるい役とか、こざかしい役が大好き」と語る橋爪。そんな彼ならではの経験についてこう語る。

 

「台本もらうでしょう? だいたい3番手なの。誰かが断って、嫌な役だから次の人も断って。最終的に『これは橋爪さんじゃないと無理なんですけど』と来るんだけど、それが撮影の4、5日前。どこが『俺じゃないと』だよ(笑)」

 

 ときには、台本の自分の名前の場所に張り紙がしてあることも。気になって剥がすと「あ、またあいつ(の代わり)か」ということがたびたびあったらしい。本人によると、当時、同じような役をこなすライバル俳優が少なくとも3人はいたという。

 

 続いて橋爪は、初めて山田洋次監督の作品に主演した『東京家族』(2012年)のエピソードについて振り返る。

 

「だいたい『東京家族』も(本来は)別の役だったんです。初めて山田洋次さんからいただいた役。3.11もあったし、いろんなことがあったので(監督が)1年間書き直したいと(制作が)チャラになり、主役の方がやれる状況にないということで降りた。それで、困り果てて山田さんが僕のところに来た」

 

 ピンチヒッターとしてのスタートだったが、橋爪は昔気質の無口な主人公を好演。2013年1月31日付けの毎日新聞のインタビューでは、「山田監督が作る映画に俺が出るわけがないと思っていた」「集中できる現場で安心できた」と明かしている。

 

 その後、山田監督の『家族はつらいよ』シリーズにて3作連続で主演し、すっかり山田組の常連となった橋爪。かつて「3番手」だった彼は、いまや日本を代表する名監督の、一番欠かせない俳優となっている。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入