最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

山田洋次『男はつらいよ』でどうしても納得いかなかった場面エンタメ・アイドル 投稿日:2018.06.08 11:00

山田洋次『男はつらいよ』でどうしても納得いかなかった場面

 

 映画監督の山田洋次が、6月2日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演し、『男はつらいよ』(1969年)の舞台裏について語った。

 

 フジテレビの連続ドラマが始まりだったという寅さんシリーズ。脚本家として関わっていた山田は、自ら映画化し、監督することになった。

 

 渥美清との出会いを「2日ぐらいゆっくり話をしましたね。渥美さんていう人をよく理解できたような気がした」と振り返る。

 

「テキ屋でフーテン暮らしで、ときどき帰って来ると妹がいて、というシチュエーションは、彼と話しているうちに生まれた」

 

 寅さんが劇中で披露するテキ屋の台詞は、映画の見所のひとつだが、山田はこう説明する。

 

「あれは彼が少年時代から(テキ屋に)憧れていて(覚えたもの)。いくらでも言えるんですから。僕が彼に聞いて、全部写して台本にした。大変な記憶力で、(台本を)現場でも読まない。それぐらいの人」

 

 ここで司会の阿川佐和子が、1作目で納得いかなかった山田が撮り直しした件について話を振る。

 

「第1作のときに、正直、僕は渥美さんとうまくいかなかった。コメディアンはいろんな面白いことをやって笑わせるでしょう? アドリブが多く、サービスをするんです。(監督の)僕はそれが違うと思うわけです。僕の表現の世界があるからその通りやってほしいと」

 

 問題の場面は、寅さんの妹・さくらが結婚を報告するシーン。

 

「寅はびっくりして思わず『うんうん』と頷く。このクローズアップシーンがどうもうまくいかない。いろんな芝居を渥美さんはする。『いやそうじゃない、じっとしてて、呆然としてて、それから頷けばいいんだ』と。(指示したが)現場でうまくいかなかった」

 

 いったんはOKを出したものの、編集後この部分がどうしても気に入らなかった山田。渥美に「あのカットをもう1回だけ撮らせてくれ。3秒か4秒じっとして、それから頷いてくれ。他のことはしないでいいんです」と頼み込んだという。

 

 番組では、2作目から渥美の演技に対する姿勢が変わり、「なんて頭のいい人なんだと思いました」と明かしていた山田。この2人の関係性があったからこそ、48作まで続く名シリーズになったのだろう。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入