最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

江川達也「アシスタント18人が3人に」手抜きの秘策は背景真っ白エンタメ・アイドル 投稿日:2018.06.25 16:00

江川達也「アシスタント18人が3人に」手抜きの秘策は背景真っ白

 

 漫画家江川達也が、6月18日放送の『明石家電視台』(MBS)に出演し、漫画家の苦労について語った。
 

 番組で江川は「編集者がボツを出すんですよ。特に『少年ジャンプ』なんかはすごい出されて。7日しかないのに4日くらいボツを出されると(描ける時間が)短くなる」と発言。

 

 このため「まず編集者と仲良くなろうとする」という江川は、「雑談を山ほどして、この編集者がどういう趣味なのか(頭に)入れておいて、編集が好むような漫画を描きながら、世間に売れるようにも描きながら、自分も満足できるものを描かなきゃいけないのが大変」と説明した。

 

 そんな江川だが「ちょっと古い漫画家なので、締め切りは必ず守る」がポリシーだ。ピーク時には週刊誌に3本同時に連載したこともあったが、締め切りを落とすことはなかったそう。

 

 連載はアシスタントを抱えてはじめて成立するものだが、江川は当時をこう振り返る。

 

「2日で20ページぐらいを1本描くんですけど、自分は人物を全部描いて、ストーリーも作って。背景はアシスタントに任せて。週刊(マンガ)1本で6人なので18人雇っていた」

 

 あるとき、締め切りを脅かす大事件が発生したという。

 

「アシスタントに目が届かなくなっちゃって、気付いたら15人辞めちゃった。(仕事は)しんどくもないんですけど、自分が朝型になっちゃって(生活が)どんどんアシスタントとずれていた」

 

 なんとか3人は辞めずに残ったが、当然同じ仕事量はこなせない。締め切りを守るために江川はある秘策を思いついたという。

 

「自分は締め切りがギリギリになってもあげるって考え方なので、背景をどんどん無しにして白くしていった。そのころは背景がすごい白い。『どこまで白くしたら読者が怒るか実験だ!』って(笑)」

 

 番組では「まあ怒られましたけど」とも明かしていた江川。休載すると読者はがっかりするものだが、そこまでしてでも締め切りにこだわる姿勢は、やはりプロである。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入