最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

ピエール瀧「W杯ビデオ判定で『勢いでゴール』が減った」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.07.06 11:00

ピエール瀧「W杯ビデオ判定で『勢いでゴール』が減った」

 

 6月28日放送の『たまむすび』(TBSラジオ系)にて、電気グルーヴのピエール瀧が、サッカーW杯の新システムについて持論を語っていた。

 

 今大会から導入されたシステム、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)。きわどい判定の際に、審判がフィールド外に設置されたエリアで動画を見て、改めてジャッジを下すというものだ。

 

 

 ドイツ対韓国の戦いでは、きわどい判定があった。韓国の先制点がオフサイドと判定、無効となったが、VARではドイツ選手がボールに触ったと確認され、判定が覆るというケースもあった。この試合を見た瀧はこのように分析。

 

「あの先制点も、今までだったら、『オフサイド』で終わっちゃってたでしょうね。それがVARでよく見たら、クロースかミュラーかどっちかがチョンと触ってたんで、韓国の選手に触ってなかったよっていう。VAR導入のおかげで今回はPKが多いっていうのもあるじゃないですか」

 

 この導入による変化を見ながら、過去の “疑惑の判定“ についてこう語っていた。

 

「そう考えると、過去の大会、ビッグチームが何連覇したり、疑惑のゴールだなんだっていうのもあるじゃないですか。ああいうのみんな、(有名選手は)顔と名前で点を取ってたんだな。審判の方もね、勢いでね。『ゴール!』とか(笑)」

 

 1次リーグでは、通算4回の優勝を誇るドイツなど強豪国が敗退し、サプライズといわれている今大会。もしかすると瀧の言う通り、VARの影響で強豪国や有名選手が「顔と名前」で勝負できなくなったという側面があるのかもしれない。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入