最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

立川志らく「自主制作映画はすべて失敗」いつかは映画監督にエンタメ・アイドル 投稿日:2018.07.14 16:00

立川志らく「自主制作映画はすべて失敗」いつかは映画監督に

 

 ワイドショーのレギュラーに抜擢され、バラエティに多数出演し、いまやテレビ画面で見ない日はない。天才・立川談志から芸の本質を継いだ男・立川志らくは、「落語の世界観」を武器に、世の注目を引き寄せる!

 

「山田洋次監督主催のシネマ会という集いが毎月あり、私はそこに第1回から参加しています。その会で食事中に直接、監督に映画出演の依頼をいただいたんです」

 

 

 山田監督の最新作に、刑事役で出演する立川志らくは、新聞や映画雑誌に3本の連載を持つ映画マニアの顔も持っている。加えて、映画のストーリーを踏襲した創作落語「シネマ落語」も披露している。

 

「私は『男はつらいよ』の大ファンなんです。山田監督の作品に出演できたことは、ただひたすら、喜びですよ。今回オファーをいただいたのは、監督が『作品の中に志らくがハマる』という判断をしてくださったからのようです。『山田作品にまた出たい』なんて図々しい欲は、いっさい出しません」

 

 喜びを噛みしめつつも、じつは俳優業には「苦手意識」があるという。

 

「他人の作品に出演することに慣れていませんから、精神的な負担があるんです。若いときに、バラエティ番組が苦手だったのと同じ理由です。

 

 本業の落語が、一人で成立する世界だということもあります。もともと他人様の指示に沿って動くのが、あまり得意じゃないんですよ」

 

 一方で、自ら映画を作ることのほうには、強い思い入れがある。

 

「これまで5本の自主制作映画を作っているんですが、すべて失敗。学生時代は、映画人を志していたこともありました。本格的に監督に挑戦することが、今の野望ですね」

 

(週刊FLASH 2018年6月26日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入