最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

立川志らく 談志の教え「落語界の人間と付き合うな」で演劇の道にエンタメ・アイドル 投稿日:2018.07.15 08:00

立川志らく 談志の教え「落語界の人間と付き合うな」で演劇の道に

 

 ワイドショーのレギュラーに抜擢され、バラエティに多数出演し、いまやテレビ画面で見ない日はない。天才・立川談志から芸の本質を継いだ男は、「落語の世界観」を武器に、世の注目を引き寄せる!

 

演劇を始めたのは、自主制作映画で失敗したことがきっかけです。演出力が足りない、と痛感し、それを学ぶために劇団を立ち上げました」

 

 

 劇団「下町ダニーローズ」を主宰し、脚本と演出と役者を兼務する立川志らく。2003年に旗揚げした同劇団では、現在20回めの公演『人形島同窓会』を開催中だ。

 

 演劇には、落語では得られない喜びがある、と語る。

 

「談志からは『落語界はバカばかりだから、お前だけはバカになるな。優れたヤツとつき合え』と言われていました。私は素直だったので、落語界でのつき合いを控え、いわば孤高の道を歩んでいました。この劇団は、ほかのジャンルの一流の方々と交流し、刺激を受けながら、一緒に創作をするための場なんです」

 

 演劇での経験は、落語の組み立て方にも、大きな変革をもたらした。

 

「演劇を始める前の落語は、教わったものをしゃべり、そこにオリジナルのギャグを入れる、という手法をとっていました。演劇では、自分以外の役者に演出をつけます。それを落語に応用して、落語の登場人物に、自分の中で芝居をつけるようになりました」

 

 本業の技を高める糧にもなった演劇は、志らくにとってもはや欠かせない存在だ。

 

「赤字になることもあり、まわりからは止められもしますが、やらずにはいられません。1年でいちばん集中して、時間をかけている仕事のひとつです。べつにヨーロッパ公演をやりたい、といった野望はありません。ただおもしろい舞台を作りたいんです」

 

たてかわしらく
1963年8月16日生まれ 1985年に立川談志に入門し、1995年真打昇進。高座だけでなく、テレビ、演劇、映画など登壇するすべての場で、落語の世界観を表現し、「全身落語家」と自らを呼称している

 

(週刊FLASH 2018年6月26日号)

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入