最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『チアダン』小倉優香が語る「チアダンスで全米制覇したころ」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.07.20 16:00

『チアダン』小倉優香が語る「チアダンスで全米制覇したころ」

 

 グラビア界を席巻する小倉優香(19)。放送中のTBSドラマ『チアダン』では、土屋太鳳のライバルとなる、全米制覇を果たしたチアダンスの強豪「JETS」のセンター役に抜擢された。

 

 抜擢理由として話題を呼んだのが、小倉自身がチアダンスで全米制覇していたこと。小学5年生(11歳)のとき、千葉県の競技チアダンスチーム「シャイニングプラネッツ」の一員として、全国大会を経てアメリカに渡り、世界40カ国の代表が集まる「USA All Star Nationals」で優勝しているのだ。

 

 

 小倉本人に話を聞いた。

 

――公式プロフィルには「趣味:チアダンス」とだけ書かれていますが、実はすごい経歴の持ち主だったんですね。

 

「そうなんです! 小学生だったし、初海外だったのですが、とにかく楽しかったと覚えています。最初は『ジャパニーズかよ』って感じで見られていたのですが、私たちのダンスが始まって、ファンクというスタイルに入ると、会場中がうわ~っと盛り上がったんですよね」

 

『チアダン』小倉優香が語る「チアダンスで全米制覇したころ」

 

――緊張はしなかったんですか?

 

「緊張しませんでした。とにかく楽しもうって感じでしたね」

 

――初海外のアメリカはいかがでしたか?

 

「日本人チームの私たちは、自分で言うのもなんですが、とにかく礼儀正しかったので、アメリカのチームの子たちが前の椅子に足をかけたりするのを見て、カルチャーショックでした。あとは、ピザをたくさん食べたり、ディズニーに行ったり、いい思い出ばかりです」

 

――チアダンスを始めたきっかけは?

 

「住んでいたマンションの掲示板で見て、お母さんが薦めてくれました。とても厳しいのでイヤになったりするのですが、やめられないんです。やめるとハリがなくなっちゃうと言うか。大会前は毎日練習があったのですが、甘えっ子だった私を、お母さんが車で送り迎えしてくれていましたね」

 

――小倉さんはどのようなポジションだったのですか?

 

「背が高いほうだったこともあって、ジャズ系のダンスが得意でした。6年生のときはチームのリーダーも務めました。そのときは、アメリカで2位でした」

 

――どんなタイプのリーダーだったんですか?

 

「みんなを引っ張るというよりは、後輩たちがいいコばかりで、『優ちゃん優ちゃん』って感じで、リーダーにしてもらっていたという感じです」

 

――チアダンスの魅力とは何でしょうか

 

「なんだろう……チアダンスはチームワークの競技で、一度やるとすごく思い入れが深くなるんです。先日もドラマ『チアダン』のメンバーで日本の試合を見に行ったのですが、自分が知らないチームの競技でも涙が出ました。だから、多くの人に一度やってみてほしいと思います」

【関連記事】

・小倉優香「黄金ボディのオンナ」

・子供3人すべて父親が違う「土屋アンナ」を上沼恵美子が絶賛

・小倉優香「SEXY ”ぐら” っとくる色気」

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入