最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

甲子園見たさに撮影を止めさせた「柳沢慎吾」その一戦とは?エンタメ・アイドル 投稿日:2018.08.15 16:00

甲子園見たさに撮影を止めさせた「柳沢慎吾」その一戦とは?

 

 俳優柳沢慎吾(56)が、YouTubeの「スポニチチャンネル」で公開されている動画「柳沢慎吾のひとり甲子園」で、2006年夏の甲子園の忘れられない思い出を語っている。

 

 いままで5回登場した横浜DeNAベイスターズの始球式では、「横浜高校対PL学園」の試合などをモチーフにした「日本一長い始球式」ネタを披露するほど、芸能界屈指の高校野球ファンとして知られる柳沢。

 

 

 2006年の第88回高校野球の決勝は再試合となっていた。
 現在、ニューヨーク・ヤンキースで活躍する田中将大投手を擁し、大会3連覇を狙った「駒大苫小牧」と、“ハンカチ王子”と呼ばれた斎藤佑樹投手を擁した「早稲田実業」の一戦。

 

 日本中の注目を集めた試合だったが、誰よりも見たいはずの柳沢はその日にドラマ撮影の仕事が入っていたという。

 

 70〜80人のスタッフを抱える現場は、収録が押していたこともあり、かなりピリピリしたムードだった。それでも柳沢は「本当に最後になると思うので、どうにか見せてくれないか!」と監督に頼み込み、撮影を30分中断させた。

 

「『これ、いつ終わるんだよ! 経費削減でタクシーなんか出さないからな!』と助監督とかが揉めてるわけよ」

 

 そんななか柳沢は、テレビ局の大きな画面で試合を悠々と見ていたという。肝心の試合は9回表、駒大苫小牧の攻撃。2アウトで迎えた打者の田中将大は三振に倒れた。

 

「アーーーーーーーー(甲子園のサイレン)となって、(優勝した)早稲田実業の校歌を歌って、監督のインタビューが終わってからドラマの収録に戻っていったの。

 

 そしたら、スタジオ入った瞬間、『(雰囲気が)暗っ』って。みんなスタッフも見たかったんだよ、あの試合。『アンタだけでしょ見たの』って言われちゃったよ」
 

 今回の甲子園では、柳沢が熱中するくらいの名勝負は現われるのか。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入