最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1562号
6月2日号
5月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

サザンどこか凄いのか?マキタスポーツとスージー鈴木が語り尽くすエンタメ・アイドル 投稿日:2018.08.18 06:00

サザンどこか凄いのか?マキタスポーツとスージー鈴木が語り尽くす

 

■40年間支持される理由

 

鈴木 ワンマンバンドって、だいたい早く潰えるんですよね。桑田佳祐というリーダーがいて、40年続けているというのはすごいことです。 

 

マキタ なかなかいませんね。 

 

鈴木 あまり語られてないけど、サザンというバンドは、じつは演奏がうまい。 

 

マキタ『女呼んでブギ』とか、演奏力が高くないと無理。ドラムとベースがしっかりしているから成り立つんです。 

 

鈴木 私も中学時代に軽音楽部が演奏した『いなせなロコモーション』を聴いて、ガクッとした覚えがあります(笑)。ぜんぜん、できてなかった。

 

マキタ サザンの宴会感とか、ハッピーなサウンドは、演奏力がないとできない。入っている音数も多いし。 

 

鈴木 たしかに、サザンは楽器数が多いですね。長年続けられた理由のひとつは、テクニシャンバンドだからですね。

 

【Makita’s Best 3 Songs】

 

1位『勝手にシンドバッド』(1978)
 衝撃のデビューシングル。
「聴いたことのない早口ボーカルで『今何時? そうねだいたいね』ですよ。これ、学校で使えるな、と思った」

 

2位『夕方 Hold On Me』(1984)
『人気者で行こう』に収録。ファンの間でも人気の高い傑作。「『夢でいいじゃないか』の高音から始まり、下がっていく構造がいい」

 

3位『ミス・ブランニュー・デイ』(1984)
 20thシングル。当時流行っていたテクノサウンドを取り入れた代表曲。
「初めて聴いたとき、サザンに新しい風が吹いた感じがした」

 

【Suzuki’s Best 3 Songs】

 

1位『メロディ(Melody)』(1985)
 当時、明石家さんまが涙を流しながら歌ったテレビCMが強烈だった。
「初期サザンの最高傑作楽曲にして、到達点といえる」

 

2位『思い過ごしも恋のうち』(1979)
 4枚めのシングル。
「作詞、作曲、編曲すべてにおいて完璧。とくにドラムの松田弘と新田一郎率いるホーン・スペクトラムは圧巻」

 

3位『海』(1984)

『人気者で行こう』に収録。ジューシィ・フルーツへの提供曲をセルフカバー。
「サザンの『メジャーセブンス・バラード』の最高峰」

 

すーじーすずき 
1966年生まれ 大阪府出身 音楽評論家。昭和歌謡から最新ヒット曲まで評論。著書に『1984年の歌謡曲』『サザンオールスターズ 1978-1985』など

 

まきたすぽーつ 
1970年1月25日生まれ 山梨県出身 ミュージシャン、芸人、俳優。著書に『すべてのJ-POPはパクリである 現代ポップス論考』など
(週刊FLASH 2018年7月24・31日合併号)

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入