最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

前川清「氷川きよし」にペンライト数で負けて「ごめんなさいね」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.08.30 20:00

前川清「氷川きよし」にペンライト数で負けて「ごめんなさいね」

インスタグラムより

 

 歌手の前川清が、8月21日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演した。

 

 

 番組で前川は、趣味がないという司会の笑福亭鶴瓶に対し、テレビの仕事が趣味になっていると指摘。続いて「僕なんかは歌うって趣味じゃなくて。本当は歌いたくないんですよ。何度でも言いますけども」と発言する。

 

 ここで鶴瓶が「いやいや歌わなあかんやんか」とツッコむと、「仕事としてやっぱり一生懸命歌うけども。『歌手目指して僕はデビューしたわけじゃない』って自分がいる。歌が好きで入った人よりも、もう食うために必死ですから。僕はその(歌が好きな)方たちよりも一生懸命歌っていると思います」と応じた。

 

 前川は2001年11月24日付けの毎日新聞のインタビューで、自らの歌の原点についてこう語っている。

 

「歌謡曲は全然聴かなかった。音楽として意識して初めて買ったのはプレスリー。ラジオの洋楽ヒット番組を聴いていたし、姉たちが彼を気に入ってた。僕はプレスリーのバックで歌っているコーラスが格好いいと思った。佐世保という場所も洋楽が入りやすかったしね。環境が洋楽だったんだ」

 

 その後、長崎のクラブ歌手になった前川。「このダンスホール、クラブ時代が一番面白かったね」とし、芸能人になることではなく、あくまでクラブ歌手として生きていくことが夢だったと明かす。

 

 前川の歌手活動に対する姿勢は一貫しているようで、インタビューでもこう語る。

 

「その時に歌を『楽しい』と思ってはいない。仕事って楽しいことはないのよ。神経とがらして気持ちの中で一生懸命歌っても、お客さんに向かって歌う時は冷めてますよ。押し売りはしない。ふっ、と感じる時に流れないと歌謡曲は感じないの。聴いていない人がいるとメゲるんだけどね」

 

 そんな前川だからこそ、後輩の氷川きよしと仕事で一緒になると思わず感じてしまうことがあるそう。『チマタの噺』にてこう明かす。

 

「氷川きよし君とかのときはペンライトがすごいんですよ。僕なんか出ていくと、ほとんどなくなるんです。(それで)自分が控えめになって、歌い方がちょっと、『ごめんなさいね』という気持ちになるときもあります」

 

 8月19日で70歳になった前川清は、今年デビュー50週年。押しも押されぬ大御所なのに、どこかで一歩引いたところがあるからこそ、芸能界で生き残れたのだろう。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入