最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

手芸が趣味の「光浦靖子」渋谷に4体の土偶を展示する

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.09.06 16:00FLASH編集部

手芸が趣味の「光浦靖子」渋谷に4体の土偶を展示する

「ブッス!手芸部」ツイッターより

 

 8月下旬、渋谷LOFTで開催された『ハローサーカス』で、「遮光器土偶」など4点の作品を展示したオアシズ・光浦靖子。その作品の出来栄えは驚くほどだ。

 

 

 光浦は手芸趣味で、4月には『JAPAN Handmade of THE YEAR』を受賞している。三部作の作品集を出版するほどで、ツイッターの「ブッス!手芸部」では、数多くの作品を公開している。プロフィールによると「ブッス!手芸部」は、《手先の器用な人たちを集めたら、偶然、ブスばかりでした》という、光浦が部長を務めている手芸集団だ。

 

 
 光浦が手芸に傾倒する理由は何なのか。
 8月28日、『かわいい刺しゅう」(デアゴスティーニ)の創刊トークイベントに出席した光浦はこう語る。

 

「小学校3年生のとき、『手』に『芸』と書くので手品部だと思って、間違って手芸部に入った。(布を)縫ったらとにかく気持ちがよくて」

 

 今年3月12日の毎日新聞では、こう語っている。

 

《今はブローチをつくっています。300点近くあります。材料は羊毛フェルト。食べ物や人間の顔もモチーフにしますが、動物が中心です。(中略)
 自分でつくったブローチは、恥ずかしいので身に着けることはありませんね。作品を通して何か伝えたいという欲望もありません。ただただ、好きでつくっているだけですから。手芸をするのは、悲しいからとか、うれしいからなどの感情とは関係なく、ただ手芸がしたいから。もはや、手芸なしの人生は考えられません》  

 

 イベントでは、「死んだ後に(作品が)1万点とか出てきたら笑うでしょ? それはアート」と語っており、今後も制作に勤しむようだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入