最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

野球少年だった「福山雅治」甲子園球場でキラースマイル

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.09.06 20:00FLASH編集部

野球少年だった「福山雅治」甲子園球場でキラースマイル

インスタグラムより

 

 福山雅治が8月27日、自身のInstagramで甲子園球場での自撮りショットを公開した。

 

 

 第100回全国高校野球は、8月21日に大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じた。そんな記念すべき大会で、NHKのテーマソングに起用されたのが福山の楽曲『甲子園』。

 

 福山は「『甲子園』本日より配信開始。福」と記して、デジタル配信のスタートを宣言した。

 

「甲子園」と書かれたキャップを被り、笑みを浮かべた福山の写真に「ましゃ最高スマイル」「可愛い笑顔に癒されます」などのコメントが寄せられた。

 

 同楽曲のジャケットでは、小学4年生の野球少年だった頃の福山の写真が使われていることも話題となっている。

 

 ユニバーサルミュージックの公式サイトによると、福山は小学生時代はソフトボールでピッチャーを、中学時代は吹奏楽部で部長を務めていた。

 

《甲子園のアルプススタンドで応援するブラスバンド部を “これこそがブラスバンドの檜舞台だ!”と憧れの眼差しで見ていた》そうだ。

 

 8月28日放送の『うたコン』(NHK総合)では、福山が同曲を初披露して、制作秘話を明かした。

 

「フィールドにいるのは9人ですけれども、一人がオールマイティにできるわけではなく、できないことを補い合う、支え合う、つなぎ合う。そういったことを歌の中でも描きたい」

 

 仲間との絆や連帯感を歌詞を込めたという。さらに100回という歴史にも触れた。

 

「高校野球というのは、送りバントや犠牲フライというみんな一人一人が最大限にできることを生かしてチームにつなげていく。つながること、支え合うことで生まれる強さが100年前からあって、今後100年も続いていくといいなという願いを込めて作りました」

 

 暑い夏の球児たちを激励した福山の『甲子園』。大阪桐蔭のブラスバンドも演奏していた。同曲は、今後も勝利を呼ぶ必勝ソングとなるはずだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入