最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「嘉風」超ロングインタビュー「僕にとって相撲は趣味です」

エンタメ・アイドル 投稿日:2018.09.09 16:00FLASH編集部

「嘉風」超ロングインタビュー「僕にとって相撲は趣味です」

日体大時代

 

「僕の相撲を見て、勇気が出たとかね。病気が治ったとか、連絡をもらうことがあるんですよ。正直、その人のためにやってるわけじゃない。でも、やってて良かったと思いますね。だから、記録よりも記憶に残る相撲を取っていきたい」

 

 自分のためにやっていたはずのことが、誰かに影響を与える。嘉風関も、お客さんも、みんなが幸せになっていく。良い循環が回っている。

 

「30までは、取組が終わっても誰も写真を撮りになんか来なかった。そういう人気がない時を経験していますから、美味しくないものをずっと食べてきたから、うまみがわかるんですよ。

 

 今は勝っても負けても、お客さんの前で態度を変えないようにしています。正直負けて帰る時は、気持ちのいいものじゃないですよ。でも、関係なくサインはするし、写真撮影にも応じる。そういうのは大切、いや義務だと思ってます」

 

 今が楽しくて、相撲が大好きだという嘉風関。趣味だからこそ、相撲への深い感謝の念を持っているように感じた。

 

「関取になれたら一人前、と言われて、幕内にもなれたし、三賞も取れた。横綱に勝つことも叶った。まあ、だいたい手に入れたわけです。もちろん大関や横綱になるとか、優勝とかは残っていますが。この世界に入った当初、今のような自分が想像できていたかというと違うわけで、だから割とお腹いっぱいではあるんですよね」

 

「引退の時期など、考えたりもするんでしょうか?」

 

「僕は、不完全燃焼で終わりたくないんですよ。モヤモヤした状態で土俵に上がって、そこで大怪我してしまって、それでもう相撲ができないとなって引退、というのが一番怖い。物凄く悔いが残ると思うんです。だから毎回、全力を出していきたい。これで終わってもいい、これが最後の相撲になっても悔いがないように、と」

 

 覚悟の重みを伴って、その言葉は出た。

 

「自分の力を思い切り出しても通用しなくなった時が、引き際なんでしょうね。だんだん、力が出せなくなってくるんだと思うんですよ。でも、そうなった自分が今のところ想像できない。だから永遠に相撲取りでいられるんじゃないかって、そんなことを思います」

 

 不完全燃焼で終わらせたくないからこそ、全身全霊で挑む。気持ちも心も研ぎ澄まされていくから、永遠に終わりは来ないような気もする。どこか矛盾しているような、しかし煮詰まって充実した精神状態。

 

 嘉風関は、そんな日々を送っている。その行き着く果てには何があるのか。

 

 彼の最後の相撲が永遠に来ないように。そして、来たとしたら完全燃焼できるものであるように。僕も、祈りたくなった。

 

嘉風 雅継(よしかぜ まさつぐ)
1982年生まれ。大分県佐伯市出身。前頭五枚目。尾車部屋所属

 

二宮敦人(にのみやあつと)
1985年生まれ。小説作品に『最後の医者は雨上がりの空に君を願う』。初のノンフィクション作品『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』が12万部を超えるベストセラーに

 

(週刊FLASH 2018年7月17日号)

1234

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入