最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1492号
11月27日号
11月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第15弾】10月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

八嶋智人「メガネしてない自分が怖くて怖くて…」エンタメ・アイドル 2018.09.13

八嶋智人「メガネしてない自分が怖くて怖くて…」

 

 俳優の八嶋智人が、9月4日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演した。

 

 番組で八嶋は「メガネキャラで売ってるわりには老眼になってきたんです。ケータイなんか(メガネを)外した方が見えるじゃないですか。だけど裸眼の姿を見られるのが、ブラを外したみたいな気持ちになるんですよ」と発言する。

 

 

 以前、「どうしてもコンタクトにしてくれ」と仕事で依頼されたことがある八嶋。渋谷の店に行きコンタクトを購入。入れ方が自分ではわからなかったため、従業員の女性に入れてもらったという。

 

「入ったなと思って外に出た。街中を歩いてる俺を(建物の鏡で)パッと見て。裸眼の自分。もう全裸で歩いてるみたいな気持ちになって『ヒャー!』っとなったんです。

 

 すぐに伊達メガネを買って。もうメガネしてない自分が怖くなった。『これが八嶋だと思われたくない。(こんな自分を)他人には知られたくない』って」

 

 2004年には「メガネベストドレッサー賞」を受賞している八嶋。趣味はメガネ収集で、約80本ほど所有している。8月19日付けの「スポニチアネックス」のインタビューによると、新作映画『検察側の罪人』の役作りでは、監督と2人で、持参した私物の中から使用するメガネを選んだらしい。

 

「眼鏡を脂でべとべとにしながら、一生懸命資料に向かっているような男なのかなと思って。なかなか一人で上手に役を形成することができないので、いろんなものに頼ってます」

 

 そんな八嶋だが、いつからメガネをかけるようになったのか。2015年8月26日付けの「読売新聞」の取材に対し本人はこう答えている。

 

「中学生のころ、わざと暗いところで本を読んで目を悪くしました。なぜか? 眼鏡をかけたら見てくれが良くなると思ったから。それ以来、眼鏡とは長いつきあいですね」

 

 俳優としてだけではなく、生身の人間・八嶋智人にとってもメガネは欠かせない存在なのだ。 

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.6 9月21日発売
表紙:小倉優香

詳細・購入