最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1538号
12月3日号
11月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

引退宣言の「滝沢秀明」地元でも有名な美少年だったエンタメ・アイドル 投稿日:2018.09.15 11:00

引退宣言の「滝沢秀明」地元でも有名な美少年だった

 

 9月12日深夜、歌手で俳優の滝沢秀明が、年内いっぱいでの芸能活動引退をマスコミへの一斉FAXで表明した。今後は所属事務所社長・ジャニー喜多川氏の意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサートなどをプロデュースしていくことを発表。事実上の「後継者」になった。

 

 さらに、事務所同期の今井翼との音楽ユニット「タッキー&翼」についても、CDデビューから16年を迎えた9月10日に解散したことを発表。活動休止期間中に、2人の将来を考えた末の結論という。

 

【関連記事:嵐・松本潤も!男性芸能人と「AV女優」を結ぶ複数のルート】

 

 滝沢がジャニーズ事務所に入ったのは1995年4月、中学2年の春のこと。小学校時代からすでにカリスマ的な美少年として、近所で評判だった。地元八王子の同級生A氏がこう話す。

 

「中学1年生のときに同じクラスになったのが出会いで、次の年には、ドラマ『木曜の怪談』に出演してブレイクしました。当時はテレビで『ジャニーズJr.』の冠番組があって、世間的にはすごい人気でしたね。

 

 仕事が入って学校もあまり来なくなってしまいましたが、会うと全然変わらなかった。卒業して高校に入ってからも、しばらくは年賀状を送ってきてくれました。

 

 もうスターになっていた時期ですが、『Aちゃん、また遊びに行こうね』って」

 

 実家の近隣住民はこう語る。

 

「秀明くんがジャニーズに入った、と聞いても誰も驚きませんでした(笑)。本人も、自慢してまわるような子じゃなかったし、みんなもそこまで騒がなかった。

 

 家族仲もよくて、親思いのいい子ですよ。近所でいちばん話題になったのは、10年前ぐらい前、20代前半でお母さんに豪邸を買ってあげた、と聞いたときですね」

 

 中学にはあまり通えなかったが、出席できたときは、学校生活を謳歌していたようだ。

 

「クラスのメインで騒ぐタイプではなかったですね。友達は多かったように思います。バンド活動が盛んな学年で、バンドにこそ参加しませんでしたが、音楽好きの仲間と一緒にいたイメージです。

 

 背伸びして悪ぶって教師に反発する同級生が多いなか、彼は顔を見ればきちんと挨拶してくる。でも、教師に媚びてくるタイプではありません。

 

 卒業式に『ありがとうございました!』とウソのない感じで言いに来てくれたのを覚えています」(出身中学の教師)

 

 大人には好青年キャラで通っていたが、一方でこんな証言も。

 

「不良チームにくっついていた印象があります。一緒に悪さしたわけではないですが、ヤンキーがモテる町ですから、女子の目を意識していたんじゃないかと(笑)。
 学校のみんなも『陰ながら応援してる』というスタンスで、彼が来てもあまり騒がなかった。1個下に俳優の塚本高史がいるんですが、アイツがデビューしたあと学校に来たときのほうが騒ぎになっていましたよ」(同級生B氏)

 

 小さな町がみんなで応援していた一人のスターが、その活動に幕を閉じる。次なるスターは、きっと滝沢が育ててくれることだろう。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入